Oracleはルビコンを渡ったか

飯田哲夫(Tetsuo Iida) 2005-12-18 22:52:30

今、Oracleのホームページを見ると"Oracle Database: Still #1"と真中に大きく表示されている。これは、Intelligent Enterprise誌とDM Review誌による読者投票に触れたものであるが、"Still"という表現がちょっと気に掛かる。余計な勘繰りかもしれないが、「もうデータベース・ビジネスは主軸じゃないけど、それでもまだ一番なんだよね」っていう雰囲気が漂うのである。

そして決算発表

15日に発表されたOracleの第2四半期決算発表に関し、Information Week誌は、未だデータベース関連の収入が他のビジネスラインの収入を上回っていることを報じている。

一方で、同誌によると、データベース関連の新規ライセンス収入の伸びが5%であるのに対し、アプリケーション関連の新規ライセンス収入の伸びが26%に達しているという。やはり、数字上でも成長エンジンは切り替わりつつあるのだ。

他社製品のサポートも開始

そういえば、12月7日にZDNetが報じていたOracleの統合管理ツールに関するニュースは、その最新版がOracle製品だけではなく、BEAやIBM製品もサポートするというものであった。計画の中にはDB2やSQLServerのサポートも含まれているとのことだが、他社データベースをサポートするという発想は、これまでには考えられないことである。

一方で、PeopleSoftのような買収した他社製品において、Oracle以外のデータベース・サポートを継続するか否かの議論があるが、既に自社製品において踏み出した足を元に戻すことは出来ないだろう。

エントリーバージョンの無償化

しかし、一方でデータベース・ビジネスにおけるガードが緩んだわけではない。MySQLの攻勢に対しては、Innobaseの買収により牽制を掛け、エントリーバージョンの無償化にも踏み切っている。そして何にも増して、Oracleのデータベース市場における優位は今も圧倒的なのである。

ルビコンを渡ったか

それだけに、未だに優位を保ち、かつ収入の過半を稼ぎ出すデータベース・ビジネスを犠牲にしてアプリケーション・ビジネスへ軸足を移すのは容易ではない。一見、アプリケーションとデータベースの双方に力を入れているようにも見えるが、"Still #1"という言葉は、向こう岸へ渡ってしまった者にしか口に出来ないのである。

仮に後戻りしようと思っても、一度渡ってしまったら二度と元の状態には戻れないのがルビコンである。Sunはオープン化によって、同じ場所にありながら、ビジネスモデルの革新を目指している。一方、Oracleは、既に存在するビジネスモデルの中で、その軸足を移動させることで持続的な成長を目指している。共通するのは、もう元には戻れないという危機感と大胆さである。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

1件のコメント
  • Kengo

    勝負をかけるなら勝っている時ですよね。『賽は投げられた』と言うほど勝算が無いわけでも無さそうですし。

    パッケージ保守はうまく行っている時ほど次を考えなきゃ行けないと痛感します。後手を踏むと・・・。

    2005年12月20日

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?