狛犬、銀行へ行く

飯田哲夫(Tetsuo Iida) 2006-07-23 14:56:45

手前味噌とはなるが、今週はこれに触れないのも不自然だ。7月19日にISIDよりプレスリリースされたが、三菱東京UFJ銀行においてSeasar2が採用された件である。

今回のリリースについては、多くのメディアにて取り上げて頂いたが、面白さのポイントは以下の点に纏められると思う。

・エンタープライズレベルでの採用であること

・採用事例としてメディアに公表されたこと

・顧客によって採用の決定がなされたこと

今回のSeasar2の採用は、プレスにもあるようにHP製ブレードサーバーを52台連結させた大規模システムへの適用であり、まさにオープンソースのエンタープライズ利用であると言える。従来エンタープライズ利用が無かった訳ではもちろんないが、それが採用事例として公表されたことは、Seasar2にとってもその利用を検討しているユーザー企業やITベンダーにとっても有意義なことだと思う。また、今回の採用に関しては、ITベンダーが自らの判断のみで決定したのではなく、顧客サイドが決定に積極的に関与した点がポイントである。つまり、エンタープライズ・ユーザーがSeasar2というオープンソースの開発フレームワークを利用することの良さを認めてくれたと言えるからだ。

また、ISIDの立場では、Seasar2のサポートサービスの価値を認めてもらえたこと、また、開発を担当させてもらえたことは非常に嬉しいことである。こうした案件を遂行していく過程において、エンタープライズ・ユーザーが必要とする要件をSeasarの機能強化に繋げて行くようなサイクルが出来れば良いと思う。それによって、コミュニティ、IT企業、ユーザー企業のwin-win-winなサイクルを作ることとなるだろう。

プレスリリースの最後にある「オープン・イノベーション」に積極的に取り組んで行きたいという思いは、形式的麗句ではなく、本意である。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR