その39:ジェスチャー2 〜ジェスチャー作成方法〜

大槻透世二(Toyoji Ohtsuki) 2008-04-11 20:50:28

前回は、「ジェスチャー」の再生方法を習得した。

「笑う」「泣く」「手を振る」「怒る」などなど・・・

いろんな感情表現を再生する方法を紹介した。

今回から、その“ジェスチャー”の作り方に入るとしよう。

このジェスチャー作成方法を知れば、人気者間違いなし!

※以前の「Second Life新世界的ものづくりのススメ 」

その1〜37は下記URにて楽しめます。

こちらもどうぞご覧ください!

http://japan.zdnet.com/sp/feature/07sp0040/

1.“ジェスチャー”を作る前に

ジェスチャーとは、「アバターが感情表現を伴った動作」だが、

なにも、急いで作る必要はない。なぜなら・・・

実は、すでにたくさん持っているのだ!

それはどこにあるかというと・・・「Library」だ。

下図は「Library」内にある、5種類のジェスチャーを示している。

sl_39_01.jpg

この中で

1) Common Gestures

2) Female Gestures

3) Male Gestures

4) Other Gestures

5) Speech Gestures

の5種類があるが、100弱のジェスチャーがすでに存在するので、

新しいものを作るのはそれを見てからにしよう。

ひょっとしたら、すでに作ろうと思っていたものがあるかもしれない。

2.“ジェスチャー”概要

それでは、ジェスチャー作成に入るとしよう。

前回、「その38:ジェスチャー1 〜ジェスチャーとは〜」(http://blog.japan.zdnet.com/ohtsuki/a/2008/02/post.html)

3.ジェスチャー作成方法

4.「ジェスチャー」ボックス

5.「ジェスチャー」トリガー

を少し解説した。

下図がジェスチャーボックスだが、

“ジェスチャー”とは、結局、下図赤枠内(1)「Steps」を上から順番に再生しているだけだ。

sl_39_02.jpg

最初に「Start Animation : Wave」というアニメーションを再生し、

次に「Sound :hey_male.wav」という音声ファイルを再生している。

それを(2)の「Library」から選んでいるのだ。

選ぶものは、アニメーション(動作)、サウンド(音)、チャット(話し声)、ウェイト(待つ)の4種類から選ぶことになる。逆に言えば、“ジェスチャー”とは、このたった4つの要素でしか成り立っていない。

そんなに難しくないだろう。

1)手を振りながら「バイバイ」 

それでは、まず、最も簡単な下図のようなアニメーションを作ってみよう。

sl_39_03.jpg

手を振りながら、「ばいば〜い」とチャットテキストに表示するのだ。

ア)手を振る「wave」アニメーション

sl_39_04.jpg

1. 左の「Library」から「Animation」を選び

2. 「追加」ボタンを押して、

3. 「Steps」ボックスへ挿入

さらに

sl_39_05.jpg

4.「Start Animation」をクリックして

5.プルダウンメニューから、「Wave」を選択する

このプルダウンメニューには、自分が持っているアニメーションと、

あらかじめデフォルトで入っているアニメーションが表示される。

この中から選択するようになっている。

さて、これで、「手を振る」動作は完了だ。

イ) チャットテキスト追加

次に、実際にアバターに「ばいば〜い」と言わせてみよう。

sl_39_06.jpg

6.「Library」から「Chat」を選択して

7.「追加」ボタンを押し、

8.「Steps」の「Chat:」を選択する。

9.最後に、チャットテキスト「ばいば〜い」をボックスに入力する

これで終了だ。簡単だね。

sl_39_07.jpg

※アニメーションチェック方法

しかし・・・ここで疑問がある。

このプルダウンメニューには「Wave」アニメーションが「手を振る」という動作となっていた。

その他にもデフォルトで入ってるアニメーションはいくつかあるが、そのアニメーションがどういう動作をするかを知っていなければ、選択できない。

あらかじめどんなものがあるかをチェックしておこう。

チェック方法は、以下のようにする。

sl_39_08.jpg

1.アニメーション選択で「不明なアニメーション」を選択する

2.「プレビューボタン」を押すと、

3.実際ジェスチャー全体が再生される。

※ 再生の順番

下図のような再生順番を変えるには

sl_39_09.jpg

下図のように、

1.「Chat:ばいば〜い!」を選択して

2.「上に移動」ボタンを押す。

sl_39_10.jpg

下図の赤枠のように、再生される。

今度は、「Chat:ばいば〜い!」が一番上に来ているので、最初に実行される。

sl_39_11.jpg

しかし、、、さらにここで気をつけなければいけないことがある。

黄色枠を見て欲しい。

「待機ステップを追加しない限り、すべてのステップが同時に行われます。」と記載してある。つまり、今回作ったジェスチャーの各ステップは、同時に再生されている。

つまり、

・「ばいば〜い、とチャットテキストで表示する」

・「手を振る」

・「“ヘイ”というサウンドを再生する」

の三つのステップは同時に再生されている。

これをどのようにすれば、順序よく再生することができるだろうか。

「待機ステップ」とは何だろうか。

それは次回にしよう。

それでは、次回もお楽しみに。

※以前の「Second Life新世界的ものづくりのススメ 」

その1〜37は下記URにて楽しめます。

こちらもどうぞご覧ください!

http://japan.zdnet.com/sp/feature/07sp0040/

追 記

セカンドライフ内の感情表現、ジェスチャー。それを作成する前にチェックすることがある。それは何だろうか。さらに、ジェスチャーの概要を説明しつつ、簡単なジェスチャーを作成しながら解説する。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ZDNet Japan Headline

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet JapanスペシャルPR

企画特集一覧へ

ZDNet Japanクイックポール
情報システム部門の2014年度IT投資予算の動向について、昨年からどのような変化があったか教えて下さい。
過去の記事

2014年4月

新着企業動向

企業動向一覧へ

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。

ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。