もしもLinux向けのマイクロソフト「Office」が発売されたなら…

opensource 2005-07-14 16:15:52

 Open Source Development Labs(OSDL)を率いるStuart Cohenが最近、ZDNetのAndrew Donoghueに次のような話をした。

「(Microsoftが)今後、Linux上で動作するソフトウェアの開発に手を出したとても、それは驚くには当たらない(つまりその、アレのことだ。これ以上言わなくてもわかるだろう?)」

 Microsoftの主要なアプリケーションはLinux分野に進出していないことから、同社はビジネスチャンスをしばしば逃すようになっている。こうした状態が変わらないとしたら、はたして人々はこれまでどおりMicrosoftのアプリケーションを利用し続けるだろうか?

 例えば1年後(くらい)に、Linux向けの次期「Office」が電気製品を販売するFry's(BestBuyでもよいし、読者がよく行く店ならどこでもよい)の店頭に並んでいるという状況を、ちょっと想像してみてほしい。価格はWindows版と同じ、およそ500ドルと仮定する。これをインストールするLinuxデスクトップを所有しており、Windows環境の人々と常に仕事をしていることにしよう。

 以上の場合、読者はこのOfficeを購入するだろうか? Linux用ではあるが、オープンソースではないことを忘れないでほしい(そういう製品はほかにもたくさんある)。Microsoftの製品なのだから、品質は保証されている…はずだ(そこ、ニヤニヤしないように)。

 あるいは、会社の経費を使えるとしたらどうだろう。このOffice、今すぐ“買い”だろうか?

 もしMicrosoftのほかのアプリケーションがLinux向けに更新されたとして、その製品を明日にでも買おうと考えるだろうか? それとも、Linuxを利用しているということはすなわち、Microsoftとの完全な決別を意味しているのだろうか?

 個人的意見を述べるなら、わたしはこれをしばし検討するだろう。Officeの最新版と「Open Office」とでも言うべきモノを比較して、じっくり考えることだろう。

 今のところ、それ以外に道はないように思う。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから