AJAX開発環境がオープンソース化へ

opensource 2006-01-12 13:13:22

 年が明けたばかりだが、これまでのところ最大と思われるオープンソース関連ニュースが飛び込んできた。

 ClearNovaの「ThinkCAP JX」がGPLのランタイムを利用する予定だという。

 すべて大文字のアルファベットで表わされる「AJAX」は、「Asynchronous JavaScript + XML」を短縮したもの。ThinkCAPは、こうしたプログラミングの手間を軽減し、透過性を高める製品で、Javascriptコードを記述するというよりは、HTMLオーサリングツールを利用する感覚で作業できるようになる。

 ZDNetでほかの記事を執筆しているDana Gardnerは、今回のClearNovaの動きと、新興ソフトウェアベンダーがプロプライエタリモデルは使えないと考えていて、サービスやサポート、コンサルティング事業にオープンソースのビジネスモデルを取り入れようとしていることは別物だと述べている。

 だがわたしは、それ以上の真実はないと思う。

 AJAXは非常に重要なウェブ技術だ。AJAXを利用すれば、高度なグラフィック性と快適なインタラクティブ性を備え、データベースを活用した自律的なサイトを構築できる。次に自分が飛ぼうとする場所をあらかじめ知っているかのように、マウスのカーソルを合わせるだけでボタンが現れる、AJAXベースのサイトを閲覧したことがあれば、わたしの言っていることが理解できるだろう。

 前述のとおり、ThinkCAPはこうしたサイトを簡単に構築するためのソフトウェアだ。もっとも、同様の分野に参入しているのはClearNovaばかりではない。Microsoftも、「ASP.NET」にAJAXサポートを追加しようとしている。

「Web 3.0」、ディープサイト、セルフサービスなどと呼ばれることもあるサイトを構築する際の生産性が飛躍的に上がることに、わたしは大いに興奮している(試しにそうした機能を開発してみたい場合は、こちらのコードを利用するとよい)。生産性の向上はサイト構築時間の短縮につながり、ひいては、ブロードバンドを高速化させなくてもすぐれたウェブエクスペリエンスが得られ、従来とはまったく異なるウェブが生まれることになる。

 そうそう、ClearNovaの発表からもう1つ最新情報を提供しておこう。使いこなすための訓練をほとんど必要としないこのソフトウェアは、無料だということだ!

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR