インターネットアクセスのオープンソース化という使命

opensource 2006-02-03 15:17:42

 大半の米国技術市場はオープンソースによって開かれた存在になりつつあるが、ある市場だけは健全な競争が成立しなくなってしまった。

 ある市場とは。インターネットアクセスに関する市場だ。

 インターネットアクセスは、何の規制もない、政府によって支配された複占状態に陥っている。現在アメリカでは、(64kbps以上の)「ホンモノの」インターネットサービスを利用したいと思った場合、地元のBell系列企業か地元のケーブルテレビ事業社のサービスのどちらかを選ぶしかない。

 こんな選択肢しかないというのは、完全に間違っている。さらに悪いことに、Bruce Kushnickの最新著書「$200 Billion Broadband Scandal」によれば、そうした選択をするときでさえ、ユーザーは自分が稼いだ金を不当に“ぼったくられている”という。

 わたしは最近、Bruceの著書刊行を待望する人々が参加する、許可制のメーリングリストに加わることを許された。このメーリングリストは、テレコム業界の有名人や尊敬を集める大物、高名な批評家らも購読している。彼らは、Bellが、倒産の危機に瀕したとしても、その締め付け方針を撤回すれば、インターネットアクセスはより安定し公平なものになり、しかも安く速くなるだろうと主張している。

 インターネットアクセスのいわゆるラストワンマイル部分は、ムーアの法則によってコストが下落し続けている。しかしBellの系列企業は、政府の統制に乗じて巨利をむさぼり続け、公約を果たさないまま事業を営んでいる。さらに今日に至っては、料金を支払わなければ配信を行わないと宣言して、コンテンツプロバイダーから金を搾り取ろうとしている。

 こんな状態になってしまっては、もう手遅れかもしれない。

 わたしは、今回暴露されたスキャンダルは、次のような類事実に要約することができると考えている。

アメリカのブロードバンド普及率は、ここ数年の間に、世界の19位にまで落ちてしまった。これも間もなく、スロベニアに追い越される見込みである。なんとスロベニアに負けるとは! 旧ユーゴスラビア共和国の一部だったスロベニアは、1990年代に内戦によって崩壊した国だ。だが今ではそのスロベニアが、現代における最重要リソースと言われるインターネットアクセスの普及率で、われわれをしのごうとしているのである。

 インターネットは、権利とまでは言えないものの、道路や水や電気のように必要不可欠な存在になり始めている。だが本来インターネットアクセスは、そうした必需品とは異なり、われわれが市場の現行のプロプライエタリな構造を打ち壊してオープンソースモデルを取り入れるだけで、格段の進化を遂げられる素地を持っているのである。

 Bellに対しては、同社の保有する容量を再び卸売りするよう求めるべきだ。無線インターネットサービスプロバイダーが、電話柱を利用できるようにするべきだ。反トラスト法を厳密に試行すべきだ。力の弱いものが大きなチャンスを得ると、力の強いものが得られるチャンスは小さくなるが、オープンソースはそうやって市場を拡大させていくものなのである。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから