オープンソースを希求するビル・ゲイツ氏

opensource 2006-07-27 20:14:05

 そのニュースを目にしたとき、見たものが信じられなくて何度も読み返してしまった。

 Bill Gates氏が、エイズワクチンの研究に2億8700万ドルに上るGates Foundationの資金を拠出する代わりに、エイズ研究者らにその結果を共有できるようにするか、「オープンソース化」するよう要請しているというのだ。

 同財団は、営利目的の医療関連企業や官僚機構、個人などの間で繰り広げられている不毛な競争と金銭への欲望が、医学の進歩を妨げていると考えているらしい。

 エイズとの長きにわたる戦いの歴史上、最高額となる同財団からの資金援助は、こうした風潮を打破するために使われるそうだ。

 財団のHIVプロジェクト部門の暫定ディレクターであるNick Hellman氏は、「これまでのやり方を変えねばならない」と発言している。

 エイズワクチンの開発過程を根本から変えることができるなら、そのほかの世界的な問題も同じような考え方で解決していけるのではないだろうか。あのGates氏までもが共有することの価値を認めたというなら、それはすなわちオープンソースの真価が認められたという意味にならないか。

 わたしはそう思っている。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!