憧れの対象から身近な存在へ――ビジネスインテリジェンス

opensource 2006-08-15 18:15:12

 ビジネスインテリジェンス(BI)がなかなかメジャーにならない理由の1つは、そのコストの高さにある。

 企業データベースからカスタムレポートを作成するツールの利用について教えるビジネススクールは、非常に少ない。そうしたツールはとても高価で、卒業生が就職する企業にこれを購入する余裕があるかどうか、学校側にはわからないからだ。

 JasperSoftがこういった風潮を変えようとしている。同社は米国時間8月14日、「LinuxWorld」で「JasperServer Professional」を披露し、完成したばかりのBI製品ラインを発表した。同製品の発表前に、JasperSoftの最高技術責任者であるBarry Klawans氏と、マーケティング担当副社長のNick Halsey氏に話を聞くことができた。

 両氏によれば、新製品ラインは「1サーバごとにライセンス料金を課すタイプの商用製品で、ソースコードは公開される」とのことだ。また、簡単に利用できるように、「アドホックレポーティングやアドホッククエリ、ドリルスルーチャートといったエンドユーザー向け機能が搭載されている」という。

 Halsey氏は、同製品の登場によって市場の現状は変わると述べている。「プロのアナリストが使用するような、データウェアハウス上のアプリケーションとしてのBIではなく、個人向けのアプリケーションに組み込まれるBIがトレンドになりつつある。ユーザーは単なるレポートを作成していると思っていても、実はBIが動いているという状態が当たり前になるだろう」(Halsey氏)

 同氏は何も風呂敷を広げているわけではない。Klawans氏も、「当社の製品のダウンロード数は、100万件を超えている。先月だけでも10万回のダウンロードがあった。また、当社に料金を支払って製品を使用しているユーザー数は4000人を上回っている。全体で150億ドル規模と推測されるBI市場では、プロプライエタリベンダーが優位に立っているが、当社の収入は四半期ごとに2倍もの成長を遂げている」と話した。

 JasperSoftのサクセスストーリーからは、オープンソースの隠れたメリットが透けてみる。すなわち、複雑な機能を低価格で提供すれば、その機能の普及率は格段に上がるのである。

 しかし、普及が進めば進むほどに、乱用される機会も増えるものだ。「PowerPoint」がよい例だろう。

 作家のマーク・トウェインが言ったように、世の中には3種類の嘘があり、統計はその1つであるからこそ、ビジネススクールにはJasperSoftの取り組みを積極的に紹介していってもらいたい。この画期的なオープンソースの取り組みが、風刺漫画「Dilbert」で取り上げられるその日まで続くことを望んでいる。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!