オープンソースの無料チュートリアル

opensource 2007-01-16 20:48:37

 米教育省からの資金援助を受けたIn Picturesが、人気の高いクライアントソフトウェアの使用法を豊富なビジュアルで解説した、オンラインチュートリアルを提供している。運営費などは、解説ページに掲載する広告費でまかなうという。

 対象となるソフトウェアの大半は、しっかりした独自のヘルプシステムが用意されており、参考書籍なども多く刊行されている、「Microsoft Office」や「Dreamweaver」などのプロプライエタリプログラムだ。

 その一方で、「Open Office」の「Writer」「Calc」、データベースツール「Base」、Microsoftの「PowerPoint」に相当する「Impress」の主要機能についても、簡単に説明されている。

 このチュートリアル、実によくできている。各項目の説明には数ウェブページが割かれ、それぞれの手順が細かく図示されている。ただし、グラフィックは動かない。また、すべてを網羅したマニュアルというわけでもない。

 だが、一般的なユーザーならプログラムの全機能のうち、せいぜい10%程度しか使っていないだろうから、これで十分なのだ。オープンソースアプリケーションを利用する際の大きな助けとなるだろう。

 政府がオープンソースユーザーに手を貸してくれるとは、なんとも喜ばしい。

(Dana Blankenhorn)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?