「ポリシーのガバナンスシステム」を設置しよう

soa 2005-10-28 20:04:45

 最近、「ガバナンス」という語が誤用されているのではないのかと心配するむきがある。AmberPointのマーケティング担当バイスプレジデントEd Horstは、「誰もが物事をコントロールしたがり、『ガバナンス』という語はそういう人々の気持ちを刺激するようだ」と言う。

 たとえば、「実行時のガバナンス」にまつわる問題がある。システムはうまく動いているか。期待通りに稼働しているか。利用できる状態か。例外はちゃんと処理されているか。そのほかにも、設計と実装に関わるガバナンスの問題がある。

 ガバナンスが問題なのは、「ポリシーをどこかに書いておけば、人々はそれを守り、実行するだろうと、かたくなに信じる」ことだとHorstは語る。「ポリシーをすべてレジストリに収めれば、ガバナンスの問題は解決されると固く信じる人たちがいる。だが、人事部が作成する会社の就業規則のマニュアルと同じように、規則が定められているからといって、人々がちゃんとそれらを守るわけではない。会社の戦略をどこかに書き出しても、その戦略に皆が従うとは限らない。どの組織にもマネージャがいるのはそのためだ」(Horst)

 では、解決策は何か。「警察」が必要だというのがHorstの視点だ(自分で認めているとおり、彼自身この話題に利害関係がないわけではない)。つまり、規則がきちんと守られていることを監視するために、「ポリシーのガバナンスシステム」を設置する必要があると言う。ポリシーを格納しておくレジストリを作っただけでは不十分であり、積極的に管理して、ポリシーが守られるようにしなければならない。そうしないと、企業ポリシーに違反するWebサービスが導入されて、ITの混乱を招き、システムが故障し、その間にセキュリティが破られるような事態になる。「ポリシーを書けばそれで終わり、と考えることは誤っている。誰かが交通整備の警官役を果たさなければならない」とHorstは述べる。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR