SOAの読み方

soa 2005-11-10 19:50:00

 業界内部である重要な変化が起こりつつあるので、取り急ぎ、このブログで報告しておかなければならない。SOAをどう発音するかが、変化しているのだ。ほとんどの人は今もSOAのことを頭文字の通りにS-O-A(エス・オー・エー)と発音する。だが、最近になって、「So-ah(ソーア)」と発音する人が出てきたのである。

 これは重大な変化だ。過去にも、それまでアルファベットの頭文字通りに読まれていたUNIXが、1つの単語として扱われるようになって「ユニックス」と呼ばれるようになった例がある。これと同じように、SOAという言葉もリトマス試験として機能し、人がこれをどう読むかによって、その人がSOAについて詳しいか否かが区別できるというのだ。「Linux」という言葉もそうである。これを「ライナックス」と発音する人は、オペレーティングシステムのことよりは、SnoopyとCharlie Brownで有名な漫画のPeanutsに興味をもっていると思われる。

 英語の単語として「So-ah」と発音したほうが、「S-O-A」と文字を1つずつ発音するより簡単なことは確かだ。特にパーティで会話するときは、「So-ah」のほうがなめらかに聞こえる。

 OK(オーケー)ですか?発音の話題はここまでにしておこう。このブログでは、「So-ah」がビジネスにもたらす価値というような、もっと普通のことを議論しなくては。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから