SOAベンダーを二分する--ビジネス派 vs. 技術派

soa 2006-03-02 20:35:27

 SOAには2つの側面がある。1つは、ITを中心とする技術的な面で、サービスレベル管理やパフォーマンスモニタリング、セキュリティなどがこれに含まれる。もう1つはビジネスに関する面で、アプリケーション統合やビジネスレベルモニタリングが当てはまる。Forrester ResearchのRandy Heffnerが、これらのSOA管理分野に取り組んでいる代表的なSOAツールベンダーを2つに分け、前述のような分類が可能であることを次のように示した。

純粋なSOA管理およびセキュリティを対象とするベンダー

  • Infravio

  • Itellix

  • SOA Software

  • HP

  • CA

ビジネスレベルのSOA管理を対象とするベンダー

  • Actional(Sonic Software)

  • AmberPoint

  • IBM

  • Oracle

  • TIBCO

  • webMethods

 もちろんForresterは、一定の基準を設けてこのリストを作成している。BEA SystemsとMicrosoftが選からもれているのが目立つが、ここからは、一部のベンダーはSOA開発サイクルでは成功を収める可能性があるが、より実務的なSOAの特徴のための環境は最適化してこなかったことがうかがえる。またこのリストには、純粋なSOA運用管理ベンダーであるSystinet、PolarLake、Cape Clearの名もない(後者の2社については、Forresterは同リストとは別に発表したESBベンダーリストで言及している)。

 Heffnerは今回の最新報告書の中で、「従来のエンタープライズIT管理インフラストラクチャ製品は、サービスで採用しているビジネスロジックが機能している、アプリケーションサーバプラットフォーム(Java Enterprise Edition、.NET、CICS、IMSなど)やその他のインフラストラクチャ(データベース、統合サーバ、オペレーティングシステムなど)を把握するのを助けてくれるが、サービスインターフェースレベルの動作の理解を促す能力には欠けている。SOA管理ソリューションはこうした新たな段階の管理を実現し、ときには、サービスインターフェースレベルおよびインフラストラクチャレベルの双方に管理を組み合わせるものである」と指摘した。

(Joe McKendrick)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?