アマゾンのSOA戦略――見る前に跳べ

soa 2006-06-27 21:59:49

 先週開催された「Gartner Enterprise Architecture Summit」で、Amazon.comのバイスプレジデントとワールドワイドアーキテクチャ、最高技術責任者(CTO)を兼任するWerner Vogels氏が、SOAおよびWebサービスを利用している企業に賢明な助言を授けた。いわく、事前に入念な計画を立てるのもよいが、とにかく現状から一歩踏み出して取り組みを開始することが何より大切で、しかもシステムは単純であればあるほど好ましいという。

 100万社に上る取引先を持ち、6000万人におよぶユーザーを抱える企業からのアドバイスとしては、あまりにシンプルなものであるように聞こえるかもしれないが、Amazonほどの成功を収め、それを維持するには、可能なかぎり柔軟でいることが必要なのだ。Vogels氏は基調講演の中で、オンライン小売り大手のAmazonは、取り引きデータを処理するため1999年にメインフレームを購入したが、その決断をすぐに後悔したと述べている。というのも、メインフレームは取引数が増大するにつれて不可欠となる、可用性と柔軟性を持ち合わせていなかったからだ(これは1999年当時の話であり、現在の「zSeries」メインフレーム製品ラインはSOAともうまく連係できる。だがこれはまた別の話だ)。

 その後数年をかけて、Amazonは解決策を見いだした。すなわち、同社のデータベースを温存しながら、トランザクションレイヤーを形成してオンラインビジネスアプリケーションを処理できるWebサービスを構築することにしたのである。「われわれは、SOAが流行語になる前から、これを実践していた」(Vogels氏)

「サービス指向型はほんとうに使える。サービス指向というコンセプトなしには、(AmazonのLinuxブレードサーバ)プラットフォームの構築は不可能だっただろう」(Vogels氏)

 Amazonでは、開発チームが何らかのWebサービスを開発した場合は、当のチームがサービスのテストやメンテナンス、アップグレードにまで責任を持つという管理スタイルを採用している。Vogels氏は、「自分が作ったものは、自分のもの」をモットーとしているという。

 またVogels氏は、開発者らにはサービスをなるだけシンプルに保ち、なおかつ1種類の技術や標準にこだわらないよう、常々注意しているそうだ。AmazonはRESTをベースにサービスを構築しているが、Vogels氏はどの技術を基礎とするのが最適なのかという議論には決着をつけておらず、パートナーがRESTを用いていようとSOAPを用いていようと、関係ないと断言している。「当社の開発者は、RESTやSOAPの別なく作業を進めている。すべては顧客次第という考え方を持たせている」(Vogels氏)

(Joe McKendrick)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?