「SOAなんてどうでもいい」のがCEOの実情

soa 2006-08-28 14:36:35

 Progress/Sonic SoftwareのDave Chappell氏が、SOAを成功させるための10段階に関する考察をZDNetに投稿してくれた。SOAは、ビジネスにおける取り組みである。したがって同氏の考察も、ビジネス側を意識したアドバイスが中心になっている。

 中でも最も重要なステップは、企業幹部の後ろ盾や支援を取り付けることだ。Chappell氏によれば、その際に問題となるのは次のような点であるという。「最高経営責任者(CEO)や最高財務責任者(CFO)の大半は、SOAやアーキテクチャやESBなどについて、ほとんど何も気にかけていない。だからまずは、会社の経営に関わるトップレベルの決断を下すビジネス側の人間を味方に付けよう。自分が提案するプロジェクトが利益を生むことを理解させ、みずからの主張を後押ししてもらうのだ」(Chappell氏)

 まさにその通り。わたしは本ブログで、SOAを切実に必要としている企業ほど、SOAへ移行するための戦略的な意志を持っていないと繰り返し説いてきた。企業を正しい方向に導くには、組織における力を持っている人物が動くしかないのである。

(Joe McKendrick)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?