数字で読み解く2007年SOA事情

soa 2007-12-25 17:45:45

 2007年には、SOAの導入や諸問題に関する調査および統計が多数実施された。全般的には、SOAに対する関心が広まっていることを示す結果が出ており、SOAを採用した企業の中にはすでに成果を上げているところもある。

 2007年に発表されたSOA実装調査結果を、抜粋して紹介しよう。

 

     

     

  • 57%のエグゼクティブが、SOAの導入にコスト削減が伴うことを期待している。27%はコードの再利用を、23%はビジネスアジリティの向上を望んでいる(出典:Saugatuck)。

     

     

 

 

     

     

  • 2007年に新しく開発されたミッションクリティカル処理アプリケーションおよびビジネスプロセスの55%が、SOAに対応している。この数値は、2010年までに80%以上へ上昇すると予測されている(出典:Gartner)。

     

     

 

 

     

     

  • 40%の企業が、全IT予算の10〜30%をSOAプロジェクトに費やしている。そのほとんどが、SOA予算は2006年を上回ったと回答している(出典:IBM)。

     

     

 

 

     

     

  • 48%のCIOが、2007年中に自社のSOAを「外部」――すなわち「既存および将来の取引先が存在する場所」――へ開放する予定を立てていた(出典:McKinsey)。

     

     

 

 

     

     

  • SOAを運用している企業の37%(一見低く見えるが、実はそうではない)が、SOAによるROIの向上を実感している(出典:Nucleus Research)。

     

     

 

 

     

     

  • 先進的なSOAを運用している企業の29%が、SOAガバナンスソフトウェアを使っている。SOA導入の初期段階にいる企業では、この割合は17%にとどまった(出典:Aberdeen)。

     

     

 

 

     

     

  • 先進的なSOAを運用している企業の61%が、実働ソフトウェアに発見される欠陥の数を減らせたと述べた。一方、先進的なSOAを運用していない企業で、欠陥を減らすことができたとしたのは、18%だった(出典:Aberdeen)。

     

     

 

 

     

     

  • 49%のSOA開発者が、一般的なSOAプロジェクトであれば、3カ月以内に完成させられるようになったと答えている。1年前と比べると、こうした開発者の割合は2倍に達した。また現在では、全SOAプロジェクトの60%以上が、わずか6カ月以内で完成および実装に至っている(出典:Evans Data)。

     

     

 

 

     

     

  • 75%のメインフレームユーザーが、システムを近代化したいと考えている。だが同時に、システムがSOAを実際にサポートできるかわからないと、52%が不安を口にした(出典:Software AG)。

     

     

 

 

     

     

  • 現時点でSOAプロジェクトを進めているメインフレーム企業は25%におよび、残りの3分の1はSOAへの取り組みを検討している。少なくとも半数が、SOAの中枢をメインフレームに担わせている、あるいは担わせる予定だと回答した(出典:Unisphere Research/SHARE)。

     

     

 

 

     

     

  • 55%のエグゼクティブが、「みずからのIT環境における、ソーシャルネットワーキングおよびWeb 2.0開発技術の活用手段」として、SOAを認識している(出典:BEA)。

     

     

 

 

     

     

  • SOAを運用している企業のエグゼクティブのうち56%は、自分の傘下で開発されたコードおよび成果物の少なくとも半分が、コンプライアンス状況をチェックされることなく実働環境へ移行したと認めている(出典:SOA Forum)。

     

     

 

 

     

     

  • 小規模企業(従業員数100人未満)の15%が、SOAに取り組んでいる。500人以上の社員を抱える企業では、この数値は35%へ上がる(出典:Nucleus Research)。

     

     

 

 

     

     

  • 企業全体の成長率が4%であるのに対し、「ITとビジネスが調和している」企業の平均成長率は12%に届いている(出典:BTM Institute)。

     

     

 

(Joe McKendrick)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?