2008年セキュリティ脅威予測がすでに現実に

Richard Stiennon 2007-12-20 12:40:57

グーグルが提供しているソーシャルネットワーキングサイトである「Orkut」が、スクラップブック メッセージを介して繁殖するワームに攻撃されました。IDGのニュースサイト記事によると、そのワームは、“Orkutウイルスの感染者” と名づけられたグループにメンバー登録をさせ、それを広めます。

これを題材にした、キー ヒンクレー(Kee Hinkley)氏のブログより。

「新しいスクラップブックのエントリーがあります」というお知らせがeメールで届きます。それはあなたの友達からです、とそこには書いています。

クリックも、何もする必要はありません。そのスクラップは、自動的にあなたを “Orkutウイルスの感染者” というグループへ登録します。このグループは、1分あたり少なくとも100人は新規メンバーを集めています。

私は、“2008年セキュリティ脅威予測”の1番目でソーシャルネットワークが攻撃にさらされるという予測をしていました。幸運にも、今回の攻撃は、害のないハッキングの形をとり、そこにある脆弱性が露呈されるものでした。

これからもこのような報告が来ることでしょう・・・。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR