ワイズノット、OSSグループウェア「Group-Office」をレンタルサーバにバンドル

ニューズフロント 2005年09月14日 17時24分

 ワイズノットは9月13日、同社のレンタルサーバにオープンソースグループウェア「Group-Office」の日本語版をバンドルして提供を開始した。さらに、同社はGroup-Officeの日本語コミュニティ「Group-Office JAPAN」の運営を支援し、包括的サポートサービスも提供する。

 Group-Officeは、オランダIntermeshが開発したオープンソースのグループウェアだ。スケジュール管理やタスク管理、アドレス帳、ファイル共有管理など、一般的なグループウェアと同等の機能を備える。27言語に対応しており、複数言語間での情報共有が可能。アクセス権をグループごとに設定すると、情報の一元管理とセキュリティを両立できる。オープンソースであるため、利用者の増員にともなうライセンス追加購入などは必要なく、運用コストの抑制効果も期待できる。

 なお、現在コミュニティでは施設予約機能の開発を進めている。その他機能についても、コミュニティを中心に開発していく。

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

あなたにおすすめのホワイトペーパー

ZDNet Japan Headline

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet JapanスペシャルPR

企画特集一覧へ

ZDNet Japanクイックポール
情報システム部門の2014年度IT投資予算の動向について、昨年からどのような変化があったか教えて下さい。
過去の記事

2014年4月

カテゴリーランキング
新着企業動向

企業動向一覧へ

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。

ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。