シャープの隠れた世界トップシェア事業--スマホ向けカメラモジュールの強み

大河原克行 2011年12月01日 17時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、スマートフォンやモバイル機器向けの業界最薄のカメラモジュール「RJ63YC100」を開発。12月2日からサンプル出荷を開始すると発表した。

 RJ63YC100は、オートフォーカス式の光学式手ぶれ補正機能を搭載しながらも高さ5.47mm、11.0mm×11.0mmの小型化を実現した、1/3.2型の1210万画素のCMOSカメラモジュール。暗いシーンや動きのある被写体の撮影など、手ぶれの発生しやすい場面でも高画質な撮影が可能となり、1080pのフルハイビジョンの動画撮影にも対応している。

 12月2日からNTTドコモが発売するスマートフォン「AQUOS PHONE SH-01D」、12月上旬以降に発売が予定されているソフトバンクモバイルのスマートフォン「AQUOS PHONE 102SH」に搭載する。サンプル価格は1万2000円。2012年1月から広島県福山市の福山工場において、月産10万個体制で量産を開始する。

 シャープ 電子デバイス事業本部副本部長の本道昇宏氏は、「まずはAQUOS PHONE向けに搭載するが、今後は他社製スマートフォンにも提供していくことになる」としている。

  • 新たなカメラモジュールを手に持つ本道昇宏氏

  • スマートフォンやモバイル機器向けの業界最薄のカメラモジュール「RJ63YC100」

市場シェア首位 2位以下に倍以上の差

 シャープは携帯電話向けカメラモジュールで長年の実績を持つ。

 デジカメ用に開発していたカメラモジュールの技術をベースに携帯電話向けの小型カメラモジュールを開発。2000年11月に「写メール」のキーワードとともに登場したJ-PHONE(現ソフトバンクモバイル)のJ-SH04に搭載したのが最初だ。

 その後、固定焦点式のカメラモジュールの画素数を高めながらラインアップを強化する一方、光学ズームやオートフォーカス機能の搭載、3D対応など最先端の技術を相次ぎ採用。2011年8月には累計出荷が6億個を突破。現在の市場シェアは17%で首位となり、2位以下に倍以上の差をつけている。

  • 2000年11月に登場したJ-PHONEのJ-SH04

  • これまでのカメラモジュールの歴史

 カメラモジュールにおいては、開発要素の強い製品は国内の福山工場で生産。累計出荷の約7割が海外メーカー向けであるというように、ユーザーとなるセットメーカーが海外中心であるため、モジュールの主力生産拠点は中国・無錫の自社工場と、ベトナムにある2つの協力工場。月産1600万台の体制を確立しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめのホワイトペーパー

ZDNet Japanクイックポール
4月にサポートが終了した「Windows XP」の対応はどうしていますか。
過去の記事

2014年10月

カテゴリーランキング

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。

ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

ZDNet Japan Headline

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信