「IP放送の普及戦略とIP-STBソリューションの動向」

マルチメディア推進フォーラム 2005年03月30日

開催場所: アイビーホール 青学会館

開催日:  2005年4月21日

申込締切日: 2005年4月18日

■日時:平成17年4月21日 (木) 9時20分~17時00分
■会場:アイビーホール 青学会館 
 〒150-0002 渋谷区渋谷4-4-25 TEL 03-3409-8181(代)

-----------------------------------------------

■プログラム
□9:20~10:00 (基調講演)「IP放送の普及課題とIP-STBソリューションの動向」
 ・IP放送をとりまく放送業界と通信業界の動向
 ・IP放送を普及させるビジネス上の課題
  -サービス地域の拡大、サービスの差別化(VOD、オンラインゲーム)、コンテンツの充実-
 ・IP放送を普及させる政策的な課題
  -地上波・BS放送の再送信を巡る著作権-
 ・IP放送を普及させる技術的な課題
  -ネットワークの安定性、圧縮技術、DRM-
 ・圧縮技術の変遷(MPEG2、MPEG4、H.264)とH.264の優位性
東京大学 名誉教授 斉藤 忠夫氏

□10:00~11:30 「ぷららにおけるIP放送の戦略」
 ・ビデオ・オン・デマンドサービスのビジネスモデル
 ・4thMEDIAにおけるビデオサービスの現状
 ・4thMEDIAのビデオサービスが向かう方向性
㈱ぷららネットワークス 取締役 サービス企画部長 中岡 聡氏

□11:30~12:10 昼食/意見交換/名刺交換

□12:10~13:40 「KDDIにおけるIP放送の戦略」
 ・IP放送に対する高いニーズの背景
 ・KDDIの『光プラス』戦略
  -通信+放送・映像サービス融合戦略-
 ・IP放送における差別化サービス
KDDI㈱ ブロードバンドコンシューマ事業企画本部 プロダクト統括部 課長 雨宮 直彦氏

□13:40~13:45 休憩/意見交換/名刺交換

□13:45~15:15 「BBTVの歩みが明かすIP放送の可能性」
 ・BBTVが示したIP放送+VODのビジネスモデル
 ・VOD市場拡大のカギは?
 ・もうひとつのIP-STBソリューション~ゲームオンデマンド
 ・コンテンツ権利処理の現状と見通し
クラビット㈱ 取締役 経営企画本部長 兼 メディアコンテンツ事業部長 楜沢 悟氏

□15:15~15:30 休憩/意見交換/名刺交換

□15:30~17:00 「モトローラのH.264搭載IP-STBの開発動向」
 ・H.264搭載のIP-STBの技術的な特徴
 ・IP-STBの開発動向(ロードマップ)
 ・展開できるサービスやアプリケーション
モトローラ㈱ コネクテッドホーム ソリューションジャパン ジェネラルマネージャー 鈴木 寛氏

-----------------------------------------------


※受講者1名交替可、昼食・コーヒー・資料代・消費税等を含む
※4月14日までのキャンセルは可能ですが、その後のキャンセルについては、お申し受けできませんのでご了承下さい。その場合は、代理の方の出席か当日配布の「資料」の送付をもって出席とさせて頂きます。

(主催:マルチメディア推進フォーラム 事務局:ハイテクノロジー推進研究所)

関連情報へのリンク »

マルチメディア推進フォーラムの関連情報

マルチメディア推進フォーラム

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR