「SAS Forum ユーザー会 学術総会 2005」 ~最新技術・活用方法の共有による技術のレベルアップと高度なデータ処理・分析ニーズへの対応の為に~

SAS Institute Japan株式会社 2005年06月06日

開催場所: 東京コンファレンスセンター 品川 4F 〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 4F~5F JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分

開催日:  2005年7月28日~7月29日

申込締切日: 1970年1月1日

<「SAS Forum ユーザー会 学術総会 2005」>
■ 開催概要
日程: 2005年7月28日(木)~29日(金)
会場: 東京コンファレンスセンター 品川 4F
〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 4F~5F
JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分
参加費: 6,000円(税込)
論文集: 3,500円(予定価格・税込)
※当日会場にて販売いたします。価格は会期中のみの特別価格

「SAS Forum ユーザー会 学術総会 2005」では、SASユーザーによる論文発表を中心に、最新のSAS®9技術情報・活用方法の紹介とその共有、オフィシャル・デモンストレーションなどでの知識/技術などのレベルアップ、ユーザー間の親睦を図っています。SAS Forumユーザー会の会員・非会員を問わず、参加希望者には事前登録によりご参加いただけます。 また今年度は、経営戦略と、現場での意思決定を支えるビジネス・インテリジェンスを生成するための情報基盤としてのSASの利用と、それを利用したリスク分析、顧客分析、業績管理などのソリューションの事例発表も募集いたします。


<「SAS Forum ユーザー会 学術総会」について>
「SAS Forum ユーザー会 学術総会」は、約1,600人以上の登録会員を数え、8名で構成される世話人会を中心に運営されています。代表世話人は東京大学医学部教授大橋靖雄氏が務めています。同会は、統計手法研究グループ、医薬関係応用研究グループ、関西SASユーザー会、大学ユーザーグループ、品質管理研究グループおよびマーケティング研究会の6つのグループを組織し、現在活発に活動しています。



SASは、世界最大のビジネス・インテリジェンス(BI)・プラットフォームとソリューションのリーディング・カンパニーです。ワールドワイドで現在、Fortune500社の94%を含む世界中の40,000以上のサイトでSASシステムが採用され、日本においては1,500社2,300サイトの導入実績を誇ります。創業以来最大の開発投資を行なって市場導入した次世代BIプラットフォーム「SAS®9」を基盤に、業種横断としてCEO、CFO向けの企業業績管理、CMO向けのマーケティング・オートメーション、CIO向けのITリソース・マネジメント、業種別として金融サービス業向けのBasel II対応、医薬製造業向けの臨床データの解析、製造業向けの品質保証、通信業・保険業界向けの統合パッケージなど、広範なBIソリューションを市場に継続投入しています。SASは28年前に米国で創業され、日本においては19年間“The Power to Know®(知る力)”を顧客に提供し続けています。日本国内210名の社員が、全世界9,300名の社員と連携して、日本のお客様に新世代のビジネス・インテリジェンスを提供しています。( (リンク »)

* SASおよびその他の製品は米国およびその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR