All Communicators’Forum

ACフォーラム事務局 2005年07月11日

開催場所: デジタルハリウッド東京本校

開催日:  2005年8月3日

申込締切日: 1970年1月1日

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用して集客する1日イベント
『All Communicators’Forum』始動
第1回「実践・コミュニティマーケティング ~いかにして企業は顧客を味方にするのか~」

広告・広報・販促などの「コミュニケーション」に関する業務に携わる人々が業界横断的に集まり、最新かつ共通のテーマに関して議論・交流することを目的としたイベント「All Communicators' Forum」( (リンク ») を8月3日(水)に開催いたします。最前線で活躍する講師陣を迎え、毎年夏に定例イベント化の予定で、初回である今年のテーマは「実践・コミュニティマーケティング ~いかにして企業は顧客を味方にするのか~」。

【本イベントを企画した背景~横断的なコミュニケーション施策~】
「『コミュニティマーケティング』という言葉はよく聞くけど、使い方は?」(メーカー広報部)
 「広告、広報、販促などに新しい手法を取り入れていきたい、でもどうすれば?」(経営者)

 各業界から上記のような声があがっているように、「伝える」ための選択肢が拡大し、消費者の嗜好がどんどん細分化していく中で、ターゲットにメッセージを届けることがますます難しくなってきています。こうした状況で、従来の「広告」「広報」「販促」といった縦割りではない、業界横断的なアプローチが必要になりつつあります。

 そこで本フォーラムを、「伝える」仕事に従事している人たち同士が「業界」や「組織」を越えてソーシャルネットワークを構築し、最新のテーマについて語り合い、画期的なアウトプットにつなげる場として企画いたしました。

【特徴】
▼SNSによる集客:
mixi、GREE内のコミュニティ登録者のみが申込みできる仕組み。招待制で集客することにより質を高める。
▼プロのコミュニティから派生:
広報関係者が集う月1回のオフ会「メディア&コミュニケーション研究会」(ML登録者数:約900名/平均参加者数:約70名、URL: (リンク ») での要望から、本イベントが実現致しました。
▼個人による企画/ノースポンサー主義:
PR、広告、マーケティング、プロモーション分野から業界・組織を越えて集まった有志で企画。厳選したタイムリーな内容を実現するために、特定企業とのスポンサー契約は結ばずに運営。

発起人:
太田滋/北村俊二/菅原良太/早川くらら
【PR会社】ビルコム株式会社  (リンク »)
大橋めぐむ/藤本美愛
【フリーランスのプロモーション企画ユニット】Punto  (リンク »)
佐々木稔
【広告代理店】株式会社大広  (リンク »)   
鶴野充茂
【教育・マーケティング会社】ビーンスター株式会社  (リンク »)

【概要】
■テーマ:『実践・コミュニティマーケティング 
~いかにして企業は顧客を味方にするのか~』

■開催日:2005年8月3日(水)14:00受付開始
14:30~19:30 (交流会終了21:30予定)

■会場:東京 デジタルハリウッド東京本校(160名収容)
〒101-0062 千代田区神田駿河台2-3 DH2001 Bldg.

■プログラム:
14:30~15:00  オープニングトーク&常識テスト
15:00~19:20  講演+パネルディスカッション
19:35~21:00  交流会

■ゲストスピーカー
●キーノートスピーチ:株式会社日本経済新聞社 『日経MJ』編集長 徳田潔氏
●「コミュニティ・ブランディング戦略 ―顧客の心をつかみ、共感される企業になるために―」:株式会社ハー・ストーリィ 代表取締役 日野佳恵子氏
●「コミュニティに与える影響力、コミュニティが持つ影響力
―最新のインフルエンサーマーケティング手法―」:フライシュマンヒラードジャパン株式会社 ヴァイスプレジデント 本田哲也氏
●「映画&ゲーム業界に見るコミュニティ戦略(仮)」:株式会社カフェグルーブ 代表取締役、『cinemacafe.net』編集長 浜田寿人氏
※パネルディスカッションでは、上記スピーカーに加えて新たなパネラーが出演予定(調整中)

関連情報へのリンク »

ACフォーラム事務局の関連情報

ACフォーラム事務局

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR