Mac OS X セキュリティソリューションセミナー ~マルチプラットフォーム環境のセキュリティと集中管理~

株式会社Too 2005年09月27日

開催場所: 東京

開催日:  2005年10月14日

申込締切日: 2005年10月7日

クリエイティブ市場の総合商社・株式会社Too(本社/東京都世田谷区桜新町1-34-25、社長/石井栄一、資本金/1億円)は、「Mac OS X セキュリティソリューションセミナー ~マルチプラットフォーム環境のセキュリティと集中管理~」を、2005年10月14日(金)、アップルコンピュータ株式会社セミナールームにて開催、9月26日(月)より申込受付を開始します。

Mac OS Xは、UNIXベースのOSとして堅牢性と高いセキュリティ機能を持ち、さらにVer.10.4 Tigerでは、より機能が強化されました。
Macintosh環境はもとより、OS混在環境においても、UNIXの世界で培われて来た高度なセキュリティ機能により、ユーザーフレンドリーなインターフェイスで、安全かつ効果的なシステム運用・管理を行うことができます。

同セミナーでは、Mac OS X Serverで実現するセキュアなサーバ・ソリューションをテーマに、デモを交えながら、具体的な運用方法に迫ります。
また、現在のネットワーク社会で必須のウイルス対策について、OS混在環境を統合管理できるソリューションとあわせ、一般的にWindows版に限定されているファイル暗号化ツールについて、Mac/Winクロスプラットフォーム対応のソリューションをご紹介します。


■主催:株式会社Too

■協力:アップルコンピュータ株式会社

■日時:2005年10月14日(金)13時30分から17時(受付開始13時)

■会場:アップルコンピュータ株式会社セミナールーム
     東京都新宿区西新宿3丁目20番 東京オペラシティタワー32F

※アップルコンピュータ株式会社セミナールームは、48Fから32Fに変更となりました。

■定員:70名(無料/事前予約制)
    ※お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。


■セミナー内容
【セッション:1】
◆Mac OS X Serverによるセキュリティの確立/Remote Desktopによる資産管理
○時間:13時30から15時
○講師:アップルコンピュータ株式会社 星屋 義明 氏

Mac OS X Tigerクライアント及びサーバの持つセキュリティ機能とともに、Open Directoryによるクライアント管理、ワークグループマネージャーやネットワークインストールを利用したマシン集中管理の具体的な運用方法を事例などを交えながらご説明します。
あわせて、Remote Desktopによる資産管理をご紹介します。

【Mac OS X Server/Open Directoryによるセキュリティの確立】
Open Directoryによるクライアント管理、ワークグループマネージャーやネットワークインストールを利用したマシン集中管理の具体的な運用方法。
・ディレクトリ認証、アカウント管理
・アクセス権の定義
・パスワードポリシーの統一
・システム環境設定及びアプリケーション利用の制限

【Remote Desktopによるセキュリティ及び資産管理】
・最大50端末の画面をリアルタイムに同時に表示・監視
・ネットワーク越しにソフトウェアをインストール
・端末を遠隔操作
・端末の各情報(システムプロフィール、周辺機器、アプリケーションのバージョンなど)を収集
・管理者から端末へメッセージ送信

【セッション:2】
◆SOPHOSによるマルチプラットフォームセキュリティソリューション
○時間:15時15分から16時15分
○講師:ソフォス株式会社  後藤 暁子 氏 

社内に異なるOSが混在する環境のウイルス対策及び集中管理方法について、総合的なソリューションをご説明します。
・Mac OS、Windows、Linux、Solarisなど25種類以上のマルチプラットフォームに対応
・自動アップデート及びキュリティポリシーの中央集中管理
・Genotype(遺伝子型)ウイルス検出テクノロジーによる事前予防
・先進的テクノロジーによる高速スキャン
・24時間/365日の無償テクニカルサポート

【セッション:3】
◆業界初・クロスプラットフォーム対応ファイル暗号化・復号化ソリューション
○時間:16時15分から16時45分
○講師:株式会社ソフトウェア・トゥー  川井 浩司 氏

業界初・クロスプラットフォーム対応ファイル暗号化・復号化ソリューション「Safety Data Storage」(セーフティデータストレージ)は、信頼性の高いAES(アメリカの政府基準で導入されている暗号化アルゴリズム)を採用し、堅牢なセキュリティで情報漏洩の危険を回避します。
クロスプラットフォーム間での暗号化したデータのやりとりなど、具体的な機能をご紹介します。

※ プログラム内容、講師は都合により予告なしに変更となる場合がございます。
予めご了承下さい。


■お申し込み方法(下記URLにアクセスいただき、お申し込み下さい。) 
  (リンク »)


■同件に関するお客様からのお問い合わせ先
株式会社Too パブリッシング営業部
 E-Mail pub@too.co.jp
 TEL 03-5752-2860 FAX 03-5752-2861
 〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1-34-25

関連情報へのリンク »

株式会社Tooの関連情報

株式会社Too

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!