「標準化」で固める。「連携」で拡がる。基幹Javaシステム開発の理想形実現セミナー

住友電工情報システム株式会社 2006年04月18日

開催場所: 大阪

開催日:  2006年5月24日

申込締切日: 2006年5月19日

Webシステム構築での主流となったJava言語による開発を進める際に、システム開発部門の命題である標準化はどう進めればよいのか。オープンソースで提供されるツールや環境をどう選択して使いこなすか。本セミナーではその答えをシステム開発部門のみなさまにご提示します。

データベース中心設計と部品組立型開発によるプログラミング工程の標準化により高品質・高生産性を実現するJava開発環境「楽々FrameworkII」。 新たに加わった新機能「RakConnect」によりオープンソースや他社製のツール・環境との連携でさらに適用領域が広がりました。
Struts, Eclipse, リッチクライアント, 携帯電話などとの連携をどのように実現し、開発に活かしていくのか、デモもまじえてご説明致します。

お忙しいところ恐れ入りますが、ホスト/オフコンからのダウンサイジングを 検討されている企業様、Java&Webによる基幹業務システム構築を推進中、推進予定の企業様の情報システム部門の方は是非当セミナーにお越し頂きますよう お願い申し上げます。              
【プログラム】
1.Java開発環境「楽々FrameworkⅡ」の最新バージョンのご紹介
2.Java開発環境「楽々FrameworkⅡ」のデモンストレーション
3.基幹業務用ワークフローシステム「楽々WorkflowⅡ」のご紹介

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR