インディペンデント・リサーチャー養成講座〔15年以上続く人気講座のオリジナル版〕

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2006年05月23日

開催場所: 東京

開催日:  2006年6月28日~7月5日

申込締切日: 1970年1月1日

報道関係者各位

平成17年5月23日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、
 「インディペンデント・リサーチャー養成講座
         〔15年以上続く人気講座のオリジナル版〕」を開催
~調査業界の全体像や自分で調査を行うために必要な知識と技術を解説
ビジネスとしてのリサーチに必要な業界構造、見積、報告書の作り方~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、調査業界の全体像や自分で調査を行うために必要な知識と技術がわかる講座『インディペンデント・リサーチャー養成講座〔15年以上続く人気講座のオリジナル版〕』を開催することを発表しました。

詳細ページ: (リンク »)


■■ 講座の概要 ■■

◆ビジネスとしてのリサーチに必要な知識をコンパクトに解説

ネットリサーチをはじめとして、さまざまな調査が企業に必要とされています。
そのための調査会社、ネットリサーチ会社も数多く存在します。しかし、肝心の調査ビジネスを担当するリサーチャーや営業マンが学んでおくべき実践的な知識を与える場がほとんどありません。
調査業界の構造、商品としての調査の種類と特徴、見積りや工数計算の方法、クライアントとのつきあい方、調査報告書の効率的な作り方、調査を外注する業者との交渉・・・こういった実践的な知識がなければ、リサーチャーも営業マンも効率的な仕事ができません。

本講座ではビジネスとしてのリサーチャー、営業マンに必要な知識を解説するものです。講座の実践的な内容を裏付けるように受講時素人だった講座修了生がリサーチャーとしてレポートを作成、販売することも珍しくありません。

◆自分で調査を行うための知識と技法を解説

さらにこの講座ではビジネスとしての側面だけでなく、自分自身で調査を行うために必要な実践的な知識と技術を解説します。企業で調査を行うようになった方、自分自身でリサーチャーとして活動したい方など調査に携わる幅広い方々にとって必須のものといえます。
あわせて外部の調査機関を効果的に利用する方法も紹介します。総合研究所、調査会社など、門外漢にはわかりにくい調査業界の仕組みをわかりやすく解説します。

この講座を受講することにより、自分自身で調査を実施し、報告書を作成するために必要な基本知識が身につきます。


■■ 講座の10の特徴 ■■

1.15年にわたって人気ある講座のオリジナル講師を迎えての開催
 (NS総研主催になってから3年)
2.すぐに実務で使える実践的な講義内容
3.調査業界の基本的な構造がわかる
4.見積もり金額のチェック、スケジュールのチェックができる
5.調査予算の立て方から報告書のグラフの作り方まで
  実践的な知識を中心に構成
6.調査計画や調査項目の設定など自分で調査を行うために必要な知識が身につく
7.アンケート調査、ヒアリング調査といった
  基本となる調査の具体的な計画の立て方、進め方などを解説
8.外部の調査機関を活用する方法がわかる
9.調査レポートの販売方法など調査ビジネスの基本がわかる
10.ネットリサーチ会社様の社員研修としても最適

<こんな方にお勧め>
・企業の企画部、開発部など調査をご自身で実施あるいは外部委託する方
・プロのリサーチャーとして活動するための知識を必要としている方
・自己のスキルアップのために調査及び調査業界の知識を得たい方
・調査業界、コンサルティング、シンクタンクなどへの就職・転職を考えている方
・ネットリサーチ会社、調査会社の営業の方


■■ 卒業生が調査・制作!各所で大反響! ■■

過去に講座を受講した方のレポートが商品化され、成功を収めております。

・旅行サイト比較調査2004
・顧客情報漏えい事件ファイル80
・サイト機能別プライバシーポリシー実態調査200
・自家用車のカーナビ、テレマティクス利用状況と今後のニーズ
・ブログビジネス白書 2005 等
その他多数

*なお、今回の講座では個別のレポート作成の指導までは行わない予定です。
個別のレポート作成の指導はアドバンスコースが別途開催される予定です。
アドバンスコース受講には本講座の受講が前提となります。


■■ 講師プロフィール ■■

講師:原 隆志

1982年社団法人日本能率協会、株式会社日本能率協会総合研究所を経て、ネットアンドセキュリティ総研株式会社代表取締役として調査研究事業を監修している。(2006年5月18日現在)
コンピュータ、オフィスオートメーション及びコミュニケーションを中心とする商品企画、市場調査、市場予測などを行う。企業などの調査を100件以上手掛ける。特に新技術・新市場の調査では定評がある。

■■ 講座の内容 ■■

第1回
 「調査の基本」
  ・調査の基本 その必要性と役割
  ・ほとんどの調査結果が役にたたない理由
  ・調査に必要な知識と技法
  ・武器としての情報源、検索技術
 「調査の実際」
  ・調査の種類と作業手順
   受託調査 その実例
   調査資料 その実例
   情報整理だけの調査 その実例
 「調査ワークフロー」
  ・失敗しないためのステップ
  1.情報収集:情報収集法、検索技術
  2.調査企画:企画の5つのポイント
  3.調査実施:調査手法別 作業チェックリスト
         調査票の作り方
         調査設計で陥りやすいミス
  4.調査分析:分析と報告書の作り方
  5.調査報告:報告会のポイント

第2回
 「インターネット調査の全体像」
  ・ネット調査専業会社と兼業会社の内容比較
  ・調査パネルのクオリティ
  ・インターネット調査とリアルな調査の相違点
  ・“調査会社を使わない”選択肢
 「インターネット調査のワークフロー」
  ・実際に利用してみないとわからない特徴
  ・インターネット調査会社の選び方
   調査内容別/範囲別 標準費用と各社の比較
   調査パネルのクオリティ/調査票をチェックし修正してくれる会社
   調査ソフトもくれる会社/分析レポートも書いてくれる会社
   安い会社など
 「調査業界の構造~外部への調査の発注」
  ・調査業界の構造
  ・調査機関の傾向と対策
  ・調査を外部に委託する場合の注意点
 「調査レポート販売ビジネス(高額資料ビジネス)」
  ・調査報告書の売り方
   販売チャネルと営業方法/標準的な販売数と売上など
  ・調査レポートビジネスの主な参入事業者
  ・続々と登場するリサーチポータルの失敗の要因
  ・調査レポートビジネス成功のポイント


■■ 開催概要 ■■

◆日時・会場:

【第1回】2006年6月28日(水) 14:00~17:00 (受付 13:30~)
【第2回】2006年7月 5日(水) 14:00~17:00 (受付 13:30~)

◆会場:「渋谷フォーラム8」か「サイボウズ本社(飯田橋)」を予定
「渋谷フォーラム8」: (リンク »)
「サイボウズ本社」: (リンク »)
決定次第、ご案内いたします。

◆受講料:全2回分

   【1名様】 50,400円 (税抜 48,000円+消費税 2,400円)
【女性割引価格】 42,000円 (税抜 40,000円+消費税 2,000円)
【2名割引価格】 84,000円 (税抜 80,000円+消費税 4,000円)
【3名割引価格】102,900円 (税抜 98,000円+消費税 4,900円)
※複数名割引は1法人内にのみ適用されます

◆定 員:先着30名様
※定員となり次第締め切らせて頂きます。

◆お申し込み方法
ウェブサイト・電話・FAX・E-Mailのいずれかにて、住所・氏名・電話番号・E-Mailアドレス・会社名を明記の上お申し込みください。
  URL: (リンク »)
E-Mail: info@shop.ns-research.jp
 電話: 03-5770-4418
  FAX: 03-5770-4419

◆お申し込みに関する注意点

<キャンセルに関して>
・お客様のご都合によりキャンセルされる場合はキャンセル期限までに、下記お問い合わせ窓口までメールと電話でご連絡下さい。
その後のキャンセルについてはお申し受けできませんのでご了承下さい。

・キャンセル期限を過ぎてからお客さまのご都合で講座にご参加頂けなくなった場合やセミナー開催前にご入金をいただけなかった場合も、セミナー受講料は全額お支払い頂く事となりますのでご了承下さい。

ご入金期限:2006年6月21日(水)
キャンセル期限:2006年6月21日(水)

<ご出席に関して>
※受講料は期日までに弊社指定の口座までご入金下さい。ご入金確認後、弊社より「受講票」をメールにてお送りいたしますので、開催当日にプリントアウトしてご持参下さい。ご入金が確認出来ない場合または「受講票」をお持ちでない場合、講座への参加ができないことがあります。ご注意下さい。

<開催中止の場合に関して>
※講座の参加人数が規定の数に達しなかった場合、講座は中止となります。その際は、お支払いいただいた受講料は返金いたします。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

◆セミナーにご持参頂くもの
・受講票
・筆記用具


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運
       用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホ
       ール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を
       提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、
       受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援
       サービスなど
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      TEL:03-5770-4417 / FAX:03-5770-4419
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
TEL: 03-5770-4418 / FAX: 03-5770-4419
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!