ハイブリッドソリューションで実現する次世代Notes情報共有基盤

リアルコム株式会社 2006年11月10日

開催場所: 東京

開催日:  2006年11月30日

申込締切日: 1970年1月1日

Lotus Notes/Dominoは企業の情報共有基盤として圧倒的な自由度と柔軟性を誇り、数多くの企業の重要な経営資源として様々なビジネスシーンで活用され続けています。

しかし、現在のNotesユーザーは、いくつもの課題に頭を悩ませていることも事実です。昨今の技術トレンドへのNotesの融合、次世代の企業情報基盤としてのNotesの適性、Notesに埋もれた重要なビジネス情報の共有と活用、セキュリティの確保、etc...。これらの課題を解決することは、将来にわたりNotesを有効活用する上で不可欠です。しかしバージョンアップや単なるウェブ化だけでは解決できません。

本セミナーでは、Lotus Notes/Dominoユーザーの課題に対する解決策であるハイブリッドWebソリューションHAKONE for Notesのご紹介を中心に、情報共有基盤のあるべき姿について、先進企業の事例と検討の方法論をご紹介します。

また、コンサルティングからITツールのご紹介まで、IBM及びリアルコムのソリューションについてもあわせてご紹介します。

詳細・お申込は (リンク ») からどうぞ。

【開催概要】
開催日時 2006年11月30日(木) 14:00~17:00 (13:45 受付開始)
開催場所 日本アイ・ビー・エム株式会社ソフトウェア・コンピテンシー・センター
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト18階
(JR・東京メトロ銀座線・半蔵門線・東急東横線・新玉川線・京王井の頭線 渋谷駅 徒歩5分)

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?