実践「次世代情報インフラ」構築ワークショップ ~最新技術を用いた運用管理の効率化とデータ保護環境の構築法をご紹介~

EMCジャパン株式会社 2006年11月28日

開催場所: 東京

開催日:  2006年12月13日

申込締切日: 2006年12月12日

 当セミナーは、アプリケーションのデータ統合の際にネットワーク速度が気になる、データ保護は複雑、高価で敬遠してい
た、などのお悩みをお持ちのユーザ様や、将来的にシステムのコンプライアンス対応をご検討のユーザ様へ、これまでシステム
全体での運用管理の効率化やデータ保護環境の構築について検討する際に考えられた様々な課題を解決し、データ統合&
保護をテーマに次世代インフラ環境の構築を可能とする最新のテクノロジーを一挙ご紹介いたします。
 午前の部では、アプリケーションのデータ統合をテーマに、各部署・支店に点在するファイル、プリント、メール、データベース、
アプリケーションなどの各種サーバの統合をネットワーク速度の遅延問題などから開放し、ユーザへのサービスレベルを維持し
ながらデータを一括管理する方法や、また最新技術である仮想化を取り入れ運用管理の効率化を図るシステム構築方法をご紹
介いたします。また午後の部では、センター統合によってデータ管理の効率化を図った各種データに対して、さらに企業レベルで
のデータ保護を確立する方法にフォーカスし、ここでも最新の技術を取り入れることによって、サーバ、ストレージ、そしてネット
ワーク全体にわたってどのようなデータ保護環境の構築が可能なのかを実際のライブデモを見ながらご理解いただけます。
 この機会に是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?