「ものづくり革新セミナー」 プロジェクト進捗管理と図面・技術文書の紐付けで部分最適を全体最適に

株式会社富士通マーケティング 2006年12月04日

開催場所: 愛知

開催日:  2006年12月14日

申込締切日: 2006年12月14日

製造業にとって、製品をいかに早く、的確に顧客に提供できるかどうかは最重要課題です。設計はまさにその中心となる業務であり、設計部門の業務革新がそのまま企業の競争力に直結します。
この設計改革に直結するポイントの一つは、過去の設計資産をいかに活用し、的確に設計業務を遂行するかです。ところが、この設計資産について活用という視点で見た場合に、情報がきちんと格納されているとはいえません。活用するためには、単純に過去の図面情報を検索するだけではなく、なぜその部品にしたのか、そのデザインにした理由は何なのかというノウハウをいかに展開するかが重要になります。
この設計情報を利用しているのは設計部門だけではありません。仕様変更、設計変更などは企業を横断した部門に波及する活動です。この企業を横断するプロセス全体を見直すことで、企業全体の情報活用力が強化され変化に対応できる企業へと革新されると考えます。
本セミナーでは、この設計ノウハウを見える化し、設計プロセスを円滑に遂行する仕組みづくりと、そのツールであるWebAS Engineering Portal および3D CADを、事例を交えながらご紹介します。
--------------------------------------------------------------------
日 時:12月14日(木) 14:00~17:00 (受付開始 13:30)
参加費: 無料 (事前予約制)
場 所:株式会社富士通ビジネスシステム 
名古屋市中区錦1-18-22(名古屋ATビル2階)
-------------------------------------------------------------------
詳細・お申込みは
株式会社富士通ビジネスシステム
中部営業本部 営業支援部(事務局)佐藤正憲
TEL 052-211-1761  FAX 052-211-1519
静岡支店 漆畑 TEL 054-203-1200

下記サイトにおいても詳細のご確認、お申し込みがいただけます。
(リンク »)
-------------------------------------------------------------------
セミナー詳細:
第一部
「設計情報を中心とした設計関連プロセスの全社見直し事例のご紹介」
単純に紙の資料を電子化して一元保管するだけにとどまらず、電子化による業務改革を行うことで様々な導入効果を実現しています。
本セッションでは、導入効果の具体例とその実現のための勘所をご紹介。
第二部
「設計ノウハウの見える化を実現する設計ポータルソリューションご紹介」
『WebAS Engineering Portal』は文書や図面などの成果物、進捗管理、ワークフロー、連絡通知等を業務の流れに沿って融合した形で支援します。
本セッションでは、実機によるデモにより製品の機能のみならず、現場での利用イメージをご紹介。
第三部
「ICAD/SX Mechanical PRO システムご紹介」
機械装置・治工具設計において3次元CADが抱える問題を解決し、機械装置設計での先進の操作性とスピード設計など、愚直なまでに設計効率を追及した常識を超えた 3次元CAD “ICAD/SX Mechanical PRO V5” の開発思想とその特徴を、お客様事例および最新機能のデモを含めてご紹介。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?