「稼働率100%を目指す、OracleDB予兆監視」セミナー

株式会社サンブリッジ アンシス 2007年03月22日

開催場所: 東京

開催日:  2007年4月20日

申込締切日: 2007年4月19日

企業にとって、情報システムの安定稼動は最重要課題です。特に社外に提供しているサービスであれば、トラブル発生による社会的影響も大きく、また責任問題にまで発展する場合もあります。対策としては、まず第一にトラブルを未然に防ぐこと、次にトラブルが発生してしまった場合でも、早期に問題を解決し、再発することがないよう詳細に分析し、原因をつきとめられる体制が必要になります。今回のセミナーでは、日常のデータベース運用における予兆監視と、トラブルの再発防止対策について考えます。

また、オンラインゲームサイトのハンゲームを運営されているNHN Japan様による事例のご紹介、および予兆監視運用を効率的にサポートする『MaxGauge』のご紹介を致します。

関連情報へのリンク »

株式会社サンブリッジ アンシスの関連情報

株式会社サンブリッジ アンシス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから