COBOLフォーラム2007 SOAと.NETで実現する変化に強い新基幹システム構築とは

マイクロフォーカス株式会社 2007年05月16日

開催場所: 東京

開催日:  2007年6月7日

申込締切日: 1970年1月1日

ビジネス環境が激変する中、企業を支えるシステムにも変化対応が求められています。
特に基幹システムでは、既存システムへの投資を無駄にすることなく、変化に強い新システムへ進化できることが何よりも重要です。既存のCOBOLビジネスロジックを再利用可能なサービスに分解し、ビジネスプロセスに合わせてそれらのサービスを組み合わせる。さらに、ビジネスプロセスの変化に対し、サービスを再利用してシステムを再構築する、というアプローチを多くの先進企業が始めています。
今回の「COBOLフォーラム2007」では、SOAと .NETで実現する変化に強い新基幹システム構築のための技法を解説し、最新のCOBOL活用事例をご紹介します。

主催: マイクロフォーカス株式会社
協賛: 日本アイ・ビー・エム株式会社/マイクロソフト株式会社/日本ユニシス株式会社
日時: 2007年6月7日(木) 13:30~17:10(開場13:00)
会場: ヴィラフォンテーヌ汐留 コンファレンスセンター
受講料: 無料(事前登録制)
定員: 100名

◆プログラム詳細とお申し込みはこちら;
(リンク »)

◆お問い合わせ先
COBOLフォーラム2007事務局 E-mail: microfocus@clmi.co.jp

関連情報へのリンク »

マイクロフォーカス株式会社の関連情報

マイクロフォーカス株式会社

マイクロフォーカス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!