必見!内部統制有効性評価セミナー

株式会社SEIN 2007年05月25日

開催場所: 東京

開催日:  2007年7月10日

申込締切日: 2007年7月9日

400社の構築ノウハウとツールのご紹介
2007年2月15日、金融庁より「実施基準」が公表され、内部統制構築は本格的にスタートされました。現在、多くの企業が文書化作業(業務フローチャート、業務記述書、RCM)に取り組んでいます。

しかし、文書化は内部統制のスタートに過ぎません。「日本版SOX法」は、財務報告に係る内部統制の有効性評価であります。すなわち、文書化作業は「評価」のための事前準備作業であります。しかも、評価活動は四半期ごとに行われ、年次内部統制報告書の作成と外部監査人の意見表明があります。

したがって「評価」に関する情報を理解しないまま、文書化作業を行う場合は2度文書化作業を行う可能性があります。

本セミナーでは、実際400社以上に内部統制を構築したノウハウに基づいて、実際の「評価」情報及び評価方法などを含めて、内部統制の評価の詳細な内容を実践指導します。

次年度以降にも目配りをした、内部統制システムの構築をご提案致します

(リンク »)

関連情報へのリンク »

株式会社SEINの関連情報

株式会社SEIN

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!