コールセンター経営価値創出と運営管理一元化ソリューションセミナー

株式会社ビッツテージ 2007年06月15日

開催場所: 東京

開催日:  2007年6月29日

申込締切日: 2007年6月28日

コールセンターのマネジメント手法はここ数年で目覚しい進歩を遂げ、マネジメント・ノウハウや方法論も蓄積されてきました。その一方で、コールセンターのコストパフォーマンスについてはまだまだ経営から評価されないというジレンマがあります。

コールセンターの投資対効果を向上させるためには、より品質が高く、より効率的に、より安いコストで業務を実施するという運営マネジメント(コストと品質)の側面と、事業に貢献する具体的な成果を出す経営的な価値(効果)との二つの側面を捉えることが必要です。前者は、運営管理業務の標準化・効率化、オペレーション・パフォーマンスの評価・フィードバックなどマネジメント・ノウハウの更なる進化で実現し、後者は提供する価値や達成する成果を定め、コールセンターの役割機能として明確化することから始めなければなりません。

当セミナーは、先般行なわれた「コールセンター・マネジャーズ・サミット 2007(株式会社LCAコミュニケーションズ主催)」でご好評をいただいた基調講演「ミッションを軸にしたコールセンターの再構築」と、バーチャレクスのコールセンター運営経験から生まれた運営管理一元化を支援するITソリューション「inspirX Formation」のご紹介セミナーを一度でまとめて受講いただけるよう再構成しました。

今後、コールセンターのあり方の見直しや運営管理の標準化・効率化をご検討されているセンター管理者様、業務ご担当者様、システム導入により運営効率化・コスト削減をご検討されているITご担当者様、是非この機会に当セミナーに足をお運び下さいます様、宜しくお願い申し上げます。

関連情報へのリンク »

株式会社ビッツテージの関連情報

株式会社ビッツテージ

株式会社ビッツテージの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!