実機で体感!シンプルな統合基盤で安心運用 ~業務を止めずに自動復旧!富士通とオラクルだから実現できる高可用性ソリューション~

富士通株式会社 2007年07月25日

開催場所: 東京

開催日:  2007年8月2日

申込締切日: 2007年8月1日

Oracleをご利用のお客様必見!
システムが増えるにつれて、サーバの数をも多くなり運用が大変になっていませんか?
高信頼かつシンプルな基盤上にシステムを構築することで運用コストを下げ、可用性を高めることが出来ます。

セミナーでは富士通のPRIMERGYブレードサーバ、高品質ディスク装置ETERNUSを会場に設置し、Oracle Real Application Clustersとの組み合わせによるデモンストレーションを実施し、容易な運用管理を実現するミドルウェアSystemwalker Resource Coordinatorを使い、システムを停止することなくリカバリーを行う自動復旧機能を実際にご覧いただき、高い可用性を体感していただけます。
見どころは何といってもOracle RACと連動した「サーバの自動リカバリー制御(ARC)」。システムを停止することなく、RACシステムを自動的に復旧させるという離れ業。パっと見は地味でハデさはありませんが、一見の価値アリです。

セミナーの詳しい内容はこちらへ (リンク »)

関連情報へのリンク »

富士通株式会社の関連情報

富士通株式会社

富士通株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!