Oracle×SaaS CRMは選べる時代。SaaS型と自社導入型、そして混在型。ビジネスの基盤と成長に合わせて「選択」を。

日本オラクル株式会社 2007年08月28日

開催場所: 東京

開催日:  2007年8月28日

申込締切日: 2007年8月28日

近年の情報技術/通信環境の急速な技術革新とともに、オンデマンドで提供するソフトウェア・サービス「SaaS(Software as a Service)」が注目されるようになりました。注目はされてはいるものの、実際には、どのような時に自社導入でなくSaaS型を選択するべきなのか? すでにCRMを導入している場合には、リプレイスせずに使い分けることが出来るのか? 価格が安いという事は機能も悪いのではないか?  SaaS型CRMを導入するメリットは何か? といった疑問を多く耳にします。

皆様が抱えているこのような質問に対してお答えすべく、日本オラクルではセミナーを開催させて頂きます。当日は、米国でのSaaSの最新動向や先進活用事例をはじめ、日本国内でのSaaSの現状、国内活用事例をご紹介すると共にオラクル社が提供している SaaS型CRM『Siebel CRM On Demand』をデモを交えご紹介させて頂きます。是非この機会にご来場下さい。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?