J-SOX文書化の次に訪れる内部統制対策の盲点 ~内部統制の文書化から統制評価までの実践ツール紹介セミナー~

日揮情報ソフトウェア株式会社 2007年08月08日

開催場所: 東京

開催日:  2007年8月29日

申込締切日: 2007年8月24日

2008年4月に適用開始の見込まれる金融商品取引法(J-SOX)への対応に追われている企業様も多いのではないでしょうか。
しかし、本当に大変なのは文書化された統制が正しく評価されているか?という運用のフェーズです。
これが、“内部統制対策の盲点”なのです。 米国では、毎年監査の際に、必要な情報提供が義務づけられている運用フェーズにこそコスト・時間・人手が1番かかると言われています。
本セミナーでは、内部統制の文書化から統制評価までを支援する実践ツールをデモを交えてご紹介いたします。

■プログラム

13:00 開場/受付開始

13:30-13:40 ご挨拶
内部統制サービス株式会社
代表取締役 社長 中川 康宏

13:40-14:40 【基調講演】内部統制 なにから行う? 勘所
J-SOX対応促進協議会
常務理事 森田 昌宏 氏

14:55-15:35 J-SOX対策にかかるコストを投資として活かす文書化支援ツール「ITP Process Modeler J-SOX Edition」のご紹介
日揮情報ソフトウェア株式会社
技術本部 本部長代理 板垣 睦伸

15:35-16:20 内部統制の整備・運用状況の有効性検証および監査レビューのための支援ツール「コンプライアンスマネージャ」のご紹介
内部統制サービス株式会社
取締役 技術本部 本部長 和泉 忠尚

16:20-16:30 Q&A/閉会


■開催概要

主催:日揮情報ソフトウェア株式会社、内部統制サービス株式会社
日時:2007年8月29日 (水) 13:30 ~ 16:30
会場:東京コンファレンスセンター・品川 Room No.402
※JR品川駅港南口より徒歩2分。
参加費:無料(事前登録制)
対象者:内部統制スタッフの方々

詳細は関連情報のリンクからご確認ください。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!