「Unicode SAPへのアップグレードでシステムグローバル共有」 ~SAP標準インタフェースを活用してアップグレードに備えたアドオン削減を試みよう!~

株式会社エス・アイ・サービス 2007年08月21日

開催場所: 東京

開催日:  2007年8月21日~9月19日

申込締切日: 2007年9月19日

「Unicode SAPへのアップグレードでシステムグローバル共有」
~SAP標準インタフェースを活用してアップグレードに備えたアドオン削減を試みよう!~

SAPシステム導入メリットの1つとして、海外拠点への展開と情報共有があります。国内SAPサーバをグループ海外企業で活用するケース、海外SAPサーバと国内システムとの接続などのグローバル企業の課題をピックアップします。
一例として国内のSAPシステムを中国拠点と共有した場合、日本語・中国語での帳票出力はどうするかの実例をSAPユニコードシステムを使った実機デモでご紹介します。

アジェンダ
1.海外SAPサーバと国内システムの連携/ユニコードシステムによる海外拠点とのシステム共有
2.国産帳票ツールによる中国語印刷の試み(SVF)
3.実機SAP連動デモ(SAP ERP2005ユニコード→ConnectPlus→SVF)

関連情報へのリンク »

株式会社エス・アイ・サービスの関連情報

株式会社エス・アイ・サービス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?