次世代の広帯域無線通信技術『モバイルWiMAX(ワイマックス)』の展望と可能性

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2007年10月03日

開催場所: 東京

開催日:  2007年10月26日

申込締切日: 1970年1月1日

■■ 講座の概要 ■■

「広帯域」、「高速移動」で「大容量」の「高速無線通信」を可能にする次世代広帯域通信技術として注目される『モバイルWiMAX(ワイマックス)』。

『モバイルWiMAX』はITとの親和性も高く、その技術の活用により携帯/PC/自動車/家電/ゲーム機/公共サービスなどと連携して、スケジュール、ナビゲーション、ネットワーク接続などをマルチタスクでストレスなく提供できるユビキタス社会および近未来型社会を実現できると言われています。

現在、この大きな可能性を持った『モバイルWiMAX』は、通信関連事業者をはじめ、様々なサービス提供事業者が「次世代の無線ブロードバンドサービスの本命」として注目されています。

『モバイルWiMAX』に関連して、総務省は2007年5月、2.5GHz帯の無線を利用した「広帯域移動無線アクセスシステム(BWA)」に関する免許方針を発表しました。近く2帯域に関して、割当事業者が決定される方針です。

総務省の方針の中で割当事業者へは「3年以内にサービスを開始」、「5年以内に各管内のカバー率を50%以上にすること」などの条件があり、『モバイルWiMAX』を活用したユビキタス社会は近く実現されることが予想されます。

このような背景の中、本セミナーでは、モバイルWiMAXによる2.5GHz広帯域移動無線アクセスシステムの事業者免許取得に向けて、モバイルWiMAX実証実験など積極的に活動している株式会社アッカ・ネットワークスの湯崎 英彦氏に『WiMAX(ワイマックス)』の展望と可能性およびアッカ・ネットワークスとしての取り組みについてご講演いただきます。


■■ 講座の特徴 ■■

1.国内におけるモバイルWiMAXのインパクトに迫る
2.モバイルWiMAXに関わるすべての事業者必見の内容
3.海外のWiMAX導入事例を紹介
4.アッカ・ネットワークスの取り組みとアッカの考えるビジネスモデルを公開


■■ こんな方におすすめ ■■

・サービスプロバイダーの方
・コンテンツプロバイダーの方
・通信関連事業者の方
・その他、モバイルWiMAXを活用した事業をお考えの方


■■ 講座の内容 ■■

・次世代広帯域無線通信技術『モバイルWiMAX(ワイマックス)』とは

・『モバイルWiMAX(ワイマックス)』のメリット

・海外における『WiMAX(ワイマックス)』導入事例

・国内における『WiMAX(ワイマックス)』の最新動向、実用化までの課題

・アッカ・ネットワークスの取り組み

・アッカの考えるオープンなビジネスモデルのご紹介

・まとめ


■■ 講師 ■■

●講師:湯崎 英彦(ゆざき ひでひこ)
    株式会社アッカ・ネットワークス 取締役 副社長執行役員


■■ 開催概要 ■■

◆セミナー名:
「次世代の広帯域無線通信技術『モバイルWiMAX(ワイマックス)』の展望と可能性」

◆日時・会場:
 2007年10月26日(金)19:30~21:30(受付19:00~)
※セミナー内で、簡単な名刺交換のお時間もございます。

◆主催:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
◆会場:「サイボウズ株式会社 セミナールーム」
    東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F
<地図> (リンク »)
※会場は変更になる可能性がございます。
 万一、変更がある場合は速やかにご連絡させていただきます。

◆受講料:29,800円 (税抜 28,381円+消費税 1,419円)

◆定 員:限定20名

関連情報へのリンク »

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!