企業における「さがす」行為の集合知化  ~Enterprise2.0へのファーストステップ~

アクセラテクノロジ株式会社 2007年11月30日

開催場所: 東京

開催日:  2007年11月30日

申込締切日: 2007年11月29日

デジタル化とインターネットの普及によって企業における情報は爆発的に増加しています。
一方、グローバル化にともない、コンプライアンス強化の観点から規程、手続等を随時、参照できるようにしておく必要性が高まっています。同時に、競争上の理由からインフォメーションワークの生産性向上のニーズが高まってきています。
これらのニーズに対応するためは、いずれも、大量の情報の中から、必要な情報を「さがす」ことが必要です。「さがす」行為がこれらの成否を左右すると言ってよいでしょう。
本セミナーでは、Web2.0で話題となったサーチとソーシャルブックマークを企業内の情報活用に用いて、必要な情報に到達するための集合知の活用について紹介します。

13:30~受付開始
14:00~17:30 講演

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから