内部統制運用セミナー(監査法人監修の運用方法の解説)&無償相談会

2008年09月10日

開催場所: 東京

開催日:  2008年10月7日

申込締切日: 2008年10月3日

本内部統制運用セミナーでは、「内部統制構築、運用のための方法論講義ビデオとツール集 『北斗メソッド』」を活用しながら、内部統制の実践的推進方法についての解説と無償相談を行います。
『北斗メソッド』は、監査法人監修による「内部統制支援教育コンテンツ」であり、多くの企業様でご利用いただいております。また、内部統制の文書化フェーズから運用フェーズまで、お客様のプロジェクト状況に合わせたトータルなコンテンツをご提供しております。本番年度を迎えるにあたり、内部統制運用の一助とさせていただければと存じます。


【セミナー概要(日時・テーマ)】
◆ 北斗メソッドを活用しテーマに沿った解説を行い、終了後には、その内容についての相談会を実施いたします ◆

【時間】 各日13:30~16:30(受付開始 13:00)

10/7(火) :「ウォークスルーをやってみよう」
──────────────────────────────────────
ウォークスルーとは、取引の発生から財務報告に反映される一連の処理過程を、業務プロセスに沿って追跡調査することです。現場に行ってウォークスルーを効率的に実施するにあたって必要となる準備作業、キーコントロールの選定方法について解説します。
後半では、ウォークスルーを実際にどのように行うのかを説明します。具体的には、実施の全体的な手順を説明した上で、業務フローの検証方法、検証記録の作成・保存方法について解説します。(各種帳票類を活用した実習を含んでおります)
 ◆ 整備状況の評価 - ウォークスルー準備
 ◆ 整備状況の評価 - ウォークスルー実施
 ◆ 個別相談

10/23(木) :「運用状況を評価してみよう」
──────────────────────────────────────
業務プロセスが、整備段階で意図した通りに機能しているのかを検証するのが運用状況の評価です。評価の全体的な手順を説明した上で、評価対象とするサンプル数の決定方法を解説します。
後半では、運用状況の評価を実際にどのように行うのかを説明します。具体的には、サンプルの抽出方法、抽出したサンプルの評価方法、検証記録の作成・保存方法についてです。(各種帳票類を活用した実習を含んでおります)
 ◆ 運用状況の評価 - 計画
 ◆ 運用状況の評価 - 実施・評価
 ◆ 個別相談


[詳細・お申込]⇒ (リンク »)

関連情報へのリンク »

のイベント

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR