会議ファシリテーション研修 1日速習講座 議論を見える化して、建設的な合意形成を実現するためのスキルを学ぶ!

株式会社ナレッジサイン 2008年04月04日

開催場所: 東京

開催日:  2008年6月27日

申込締切日: 2008年6月26日

日常の会議やミーティングの運営を効率的に行うと、業務全体の生産性が高まり、組織も活性化します。効率的で創造的な会議運営のために注目されているのが、「ファシリテーション」の技術です。

ファシリテーションとは、
・常に客観的な視点に立ち、
・会議や組織に参加するメンバーの力を引き出し、参加を促進し、
・メンバー全員と情報を共有させ、
・議論を“見える化”
しながら進めていくための技術です

特に会議のゴールと、そこに到達するまでのプロセスが、参加者全員に明確な形で共有されることが重要である会議の場において、この技術を身につけると、会議に費やす時間を短縮できることはもちろん、ディスカッションが活発化され、創造的な意思決定をすることができます。

本プログラムでは、ファシリテーションの基礎となる部分を実践的に学んでいきます。
・議長の役割とは何か
・ディスカッションの基本パターン
・議事進行のデザインの仕方
・論点の整理の仕方
・グラフィック、フレームワークを使った議論の見える化
・合意形成術

ファシリテーションの理解を深め、議論の仕組みを知り、テクニックを学ぶことで会議運営は劇的に変わります。

■日時:6月27日(金) 10:00~17:00
■会場:トライアンフ セミナールーム
    東京都渋谷区恵比寿南1-15-1 JT恵比寿南ビル2F  TEL:03-5723-2001
■定員:12名
■対象:会議運営に携わる方。ワークショップやグループインタビューなど議論の司会・進行に携わる方。日常の業務における会議運営を効率化したい方。
■受講料:お一人様42,000円(昼食代・税込み)
■講師:株式会社ナレッジサイン 代表取締役 吉岡英幸
■内容:実際にグループでディスカッションをする演習を中心に、実践的に理論とテクニックを学んでいきます。

■講師:吉岡英幸(株式会社ナレッジサイン 代表取締役)
自らのIT発注担当経験を活かし、ITユーザーとITベンダーがディスカッションしながら課題を共有し合う「ナレッジワークショップR」を開発。独自のファシリテーション理論と技術で、主にIT業界を中心に、コミュニケーション改革のコンサルタントを手がける。
日経IT ProにてIT業界の営業・マーケ向けのコミュニケーション・テクニックを説いたコラム「売れるコミュニケーション術」を連載中。「会議でヒーローになれる人、バカに見られる人」(技術評論社刊)、「人見知りは案外いまくいく」(技術評論社刊)、など著書多数。

関連情報へのリンク »

株式会社ナレッジサインの関連情報

株式会社ナレッジサイン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?