【夏季特別開催セミナー】 マスターデータマネジメントによるリアルタイム経営への貢献 ~MDM・SOA・DOAの関係と事例~

株式会社データ総研 2008年05月15日

開催場所: 東京

開催日:  2008年7月4日

申込締切日: 2008年6月28日

★ご講演企業様★ 日本IBM・マイクロソフト・ゼリア新薬工業

マスターデータの散在が、経営効率を阻害していることをご存知でしょうか?

たとえば、顧客マスターが業務別に散在していると、顧客満足度を向上するための
同一顧客に対する様々な業務活動結果のモニタリングができません。このように、
取引先や、商品などのマスターが統一的に管理されていないと経営戦略や計画の立
案が難しいというようなことが起こります。
そのような問題に対応するために登場してきたのが、「マスターデータマネジメント
(MDM)」 「サービス指向アーキテクチャ (SOA)」 であり、「データ中心アプローチ
(DOA)」 なのです。

システムベンダー企業・ユーザ企業・コンサルティング企業を一同に介し、これらの
技術がどのように経営に貢献するのかをわかりやすく解説いたします。

現在、具体的にMDMやSOAの導入、IT戦略としての情報システムアーキテクチャ
をご検討されている企業様にとって、絶好の機会です。 是非ご参加ください!

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!