IT部門のための内部統制対策セミナー システム担当者が取り組むべきIT全般統制3つのポイント

日本オラクル株式会社 2008年07月01日

開催場所: 東京

開催日:  2008年7月25日

申込締切日: 2008年7月25日

ついに、日本版SOX法の適用年度が始まりました。多くの企業がJ-SOX対応を進めていますが、IT統制が確実に運用できている企業はごく少数であり、多くの企業が課題を抱えているのが現状です。また外部監査においては近年IT全般統制に関わる問題が頻繁に指摘される傾向があります。

本セミナーでは、IT全般統制を実施するための3つのポイントである「ID管理」「特権ユーザ管理」「ログ取得と保全」について、デモンストレーションを交えながらわかりやすく解説いたします。IT部門の皆様が直面している現状の課題解決やIT全般統制の整備に役立つセミナーとして是非ご参加ください。

主催 日本オラクル株式会社
日程 2008年 7月25日(金) 14:00~17:00 (受付開始 13:30-)
会場 日本オラクル株式会社 本社17階 セミナールーム1
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート
対象 情報システム部門において、内部統制の導入を進めている責任者、ご担当者
参加費 無料(事前登録制)
定員 80名様(定員となり次第締め切らせていただきます)
お問い合わせ 日本オラクル株式会社 セミナー事務局 E-mail:oracle-seminar_jp@oracle.com

関連情報へのリンク »

日本オラクル株式会社の関連情報

日本オラクル株式会社

日本オラクル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?