PCIDSSセミナー【オンライン型】

住商情報システム株式会社 2008年08月06日

開催場所: 複数地

開催日:  2008年9月4日

申込締切日: 2008年9月4日

インターネットでのお買い物、公共機関での手続き等に多くのクレジットカード利用が拡大しています。一方で、カードのフィッシング、不正利用、偽造、カード情報漏洩などのリスクも増加しています。
そのような背景を受けてクレッジットカード情報や取引情報の安全な管理を目的としてJCB・American Express・Discover・MasterCard・VISAの国際ペイメントブランド5社が共同で策定したクレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準(PCIDSS)が公開されました。PCIDSSはその要求項目が非常にシンプルでわかり易いため、今やクレジットカードを取り扱う加盟店・決済代行事業者だけでなく、業種を問わず拡大しています。

本セミナーでは、今注目を浴びているこのPCIDSSに着目し、カードブランド認定監査ベンダー(QSA)、エンドユーザ、ソリューションベンダ、それぞれの視点から、なぜPCIDSSなのか?その完全準拠のポイントとは?を解説致します。
また、セミナー実施方法に関して以下2つをご選択いただけます。
    A ) 会場で実施する会場型
    B ) Internet環境があれば参加可能なオンライン型
会場で生のセミナー雰囲気を味わいたい方、デスクトップから気軽に参加されたい方、どちら様も奮ってご参加お待ちしております。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!