"ビッグデータ"が当たり前になる時代から企業システムでは、あるシステムで生成されたデータを別のシステムで活用するためにデータを加工するツールとして"EAI/ETL"が活用されてきた。データがあらゆるところに存在するビッグデータ社会では、EAI/ETL の存在は不可欠になっている。

 その一方で、オンプレミスが前提だった企業システムは、パブリッククラウドが当たり前となり、ハイブリッドクラウドが現実解となっている。加えて、複数のパブリッククラウドを併用する"マルチクラウド"という現実もある。

 そうした状況の中で、クラウドベースのシステムや社内システムに散在するデータや、業務系システムと情報系システムの中でデータを加工するためのEAI/ETLや、データを分析・活用するBIなど、ビッグデータ社会を支えるツールを特集する。
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部 sales-inq@aiasahi.jp  掲載内容有効期限:2017年5月31日