本当に「買い」なのか!? 投資対効果で考えるオールフラッシュストレージの新常識

ストレージ製品は、今まさにHDDからオールフラッシュ(SSD)へと世代が交代しようとしている。SSDはHDDに比べて格段に入出力が高速で、とりわけランダムアクセス性能に優れている。しかし、これまでは容量あたりの単価が高かったこともあり、オールフラッシュの採用は一部に留まり、ハイブリッドストレージが総合的にみて無難な選択肢とされていた。本当にオールフラッシュは「高い」のか?
投資対効果の観点からそのTCO(IT総所有コスト)を検討してみよう。

この後のダイジェスト

  • ストレージのTCOで考えるべきポイントとは
  • オールフラッシュの切り札、オーバーサブスクリプションとは
  • 事例:Sony Entertainment Network
  • デジタル変革の多様なシーンで活躍するオールフラッシュストレージ「3PAR」のご紹介

資料をダウンロードする

インフォメーション

Intel Inside®
飛躍的な生産性を

インテル® Xeon® プロセッサー搭載 HPE 3PAR StoreServ

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です.

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本ヒューレット・パッカードパートナーおよび当社担当営業とお取引があるお客さまは直接担当者へお問い合わせください。
下記URLからもご注文・ご相談を承ります。

[お問い合わせ先]
http://www8.hp.com/jp/ja/hpe/contact/sales.html

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2016年12月9日