パケットライティング

用語の解説

パケットライティングとは

(パケットライティング)

CD-Rへの書き込み方式のひとつ。

通常のCD-Rでは書き込みの単位はトラックになるが、それをより小さなブロックに分けて書き込めるようにしたもの。 小さな単位で書き込みができるので、フロッピーディスクやMOのような感覚でCD-Rを利用できる。 パケットライティングには、SONYが独自開発した「CD-R FS」と、業界団体のOSTAが開発した「CD UDF」の2種類がある。

用語解説出典  powered by. アスキーデジタル用語辞典

CNET 企画特集PR

ZDNet Japanクイックポール
4月にサポートが終了した「Windows XP」の対応はどうしていますか。
過去の記事

2014年11月

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。

ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

ZDNet Japan Headline

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信