ホワイトペーパー

新世代WAF:Imperva社 SecureSphere Web アプリケーション ファイアウォール

株式会社アークン 2008年03月22日

Webアプリケーションは、企業の戦略的事業システムをお客様とパートナーに拡大することによって、費用を低減し売上を増加させました。しかしながら、Webアプリケーションは企業の死活的なシステムを外部と内部両方のソースからの継続的な脅威に曝すことにもなっています。

Webアプリケーションの防御は情報セキュリティの中でも最も骨の折れる対策の1つです。Webアプリケーションは事業の要請に応えるため絶え間なく変更されるので、セキュリティモデルは、アプリケーションが変更されるのに応じて適応する必要があります。さらに、データセンターは高度に最適化されているので、アプリケーションセキュリティソリューションの配置は既存のインフラへの最低限の変更だけで済むものでなければなりません。不幸にして、第一世代のWebアプリケーションファイアウォールは、ほとんどのお客様環境にとって余りに柔軟性に欠け、配置も余りに他への影響が大きく、維持費用も大変高額なものとなります。

このホワイトペーパはWeb アプリケーションの脅威環境の概要を提供し、セキュリティ、性能、配置、運用ならびに規制コンプライアンスに対するデータセンターの厳しい要件に合致する統合的アプローチであるImperva のSecureSphereWeb アプリケーションファイアウォールを提示します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)