ホワイトペーパー

真に生産的な社内Webコミュニケーション実現に向けて 〜 種々情報共有ツールを議論する前にすべきこと! 〜

株式会社アシスト 2007年07月15日

企業内の情報共有や組織間コラボレーション、さらには全社マネジメントを効果的に、しかも継続して広めていくためには、コミュニケーションを展開する土俵「コミュニケーション・プラットフォーム(基盤)」が必要となる。

この土俵は、一段高く、誰が見ても一目瞭然で、すべての「取り組み」が1ヵ所で行われ、全社員がいやでも「見える」ものでなければいけない。
では、この土俵を効率良く構築、かつ運営していくためにはどうすべきであろうか?お勧めしたいのが「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」の活用である。
株式会社アシストでは、CMS分野で多くの導入実績を誇る「NOREN4」を提供している。

ここでは、株式会社アシスト 広報・コミュニケーションスペシャリスト シニアコンサルタント 奥田隆介のレポートをダウンロードできる。

1. 企業へもWeb2.0の時代が押し寄せてくる
2. 企業内コミュニケーションの変貌
3. 全社員共有のコミュニケーション・プラットフォーム構築
4. NOREN(CMS) 構築のベネフィット
5. CMS-Navi イントラ版のコンサルティング・サービスの特徴
6. アシストがWebコンサルティングに注力する訳

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)