ホワイトペーパー

■企業のコンプライアンス強化のためのデータ管理とは?「すべての企業情報を最適に保護する」ことが急務!

EMCジャパン株式会社 2007年07月02日

企業にとってのデータ管理とは、データ量のみを監視すればよいというものではありません。例えば、コンプライアンス強化を求めるJ-SOX法(金融商品取引法)が施行されれば、より厳格なデータ管理も必要とされます。また、本番環境におけるギガバイト単位の情報増加は、バックアップ環境では250〜800%の増大になると言われています。従来のテープや光メディアによるソリューションでは、もはや対応しきれません。
そこでEMCでは、急増する企業情報への対策として、4つの要素で構成される次世代バックアップ・ソリューションを提供します。

1. 全体最適化
  コンサルティング・サービスを提供し、ビジネス価値における適切なサービス・レベルを定義

2. バックアップ量の削減
  バックアップを「とる」から「減らす」という発想転換

3. ディスク・ベースの多様なリカバリ手法
  適切なサービス・レベルに対応するためのバックアップ保護、リモート保護を提供

4. 運用統合と「見える化」
  バックアップ運用の一元化とPDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルを実現

これらの次世代バックアップ・ソリューションにより、お客様へ「最小限のコストで、あらゆる企業情報を最適に保護」できるようになります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)