ホワイトペーパー

社員全員がデータを共通言語にできる!FAQ方式で簡単にわかる理想的な情報活用環境のつくりかた

SAPジャパン株式会社 2016年11月27日

あらゆるユーザー向けにビジネスインテリジェンス(BI) 、計画、予測、 ガバナンス、 リスク、コンプライアンス(GRC)の目的で使われるアナリティクス機能のすべてを1つの製品で提供し、誰もが事実に基づいてより的確な意思決定を行えるように支援するSAP BusinessObjects Cloud。
製品ロードマップには、 SAP HANA データベースによるオンプレミス型データソース、 SAP S/4HANAスイート、 SAP Business Warehouse(SAP BW) アプリケーション、さらにはSAP BusinessObjects™ソリューションのユニバースやその他の重要なクラウド型データソースを対象として、最高水準のデータ接続性を提供することが盛り込まれています。

もし、あらゆるアナリティクス機能を1つの製品で提供できれば、ユーザーは複数の製品間でデータを統合したり画面を切り替えたりしなくても、 はるかに効率よく仕事をこなせるようになります。例えば、財務計画・分析の担当者は、 データへのアクセス、分析、 レポートの作成、予測機能の実行、ほかの担当者とのコラボレーション、計画といった一連の業務のすべてを、 1つのアナリティ クス製品だけで完了できます。
これは業務に求められる理想的な作業環境といえます。

本資料はSAP BusinessObjects Cloudについてユーザーからお問い合わせいただく内容をFAQにまとめたものです。
理想的な情報活用環境を手に入れる最初のステップ。詳細は資料をダウンロードの上ご参照ください。

《関連資料》
●SAP BusinessObjects Cloud
意思決定に必要なアナリティクス機能をワンストップで!クラウドで実現する共通情報解析基盤

●SAP Digital Boardroom
【事例】世界的なコンサル企業の会議は何が違うのか?情報活用を支えるSAPのデジタルソリューション

IDC調査:ビジネスアナリティクスのクラウド化による意思決定の変革―その促進と障害となる要因

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)