ホワイトペーパー

スナップショット技術の活用方法 Veritas Storage Foundation のスナップショット機能を使って、データ保護、コスト削減を実現し、IT サービスの質を向上

株式会社シマンテック 2007年02月01日

近年、ビジネスの実施と管理に使われるデジタルデータの進化では、2 つの傾向が中心となっています。1 つ目は、24時間無休のトランザクション、意志決定、知的資産の作成などで、常に利用可能である必要があるデータが増えていることです。2 つ目は、デジタルデータがビジネスの実施においてより大きな役割を持つにつれ、データを損失や破壊から保護することがますます重要になっていることです。これらの傾向は互いに矛盾しています。適切にデータを保護するには、バックアップ中にデータを停止できるように、データを使用できない状態にする必要があります。しかし、データを使用できなくするということは、ビジネスで必要とされるときに、その場所にデータがないということになります。この問題を解決するために、情報技術によって、データのイメージを瞬時にフリーズする、つまり、データのスナップショットを取得する一連の技法が開発されました。このスナップショットを使って、実働アプリケーションが実データの操作を続行している間にも、バックアップを作成し、分析を実行し、ソフトウェアの更新をテストすることができます。シマンテック社の Veritas Storage Foundation にはこの技術を使ったオプションが少なくとも 5 つ含まれており、それぞれ固有の特徴と理想的なアプリケー
ションを持っています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)